お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ずっと座りっぱなしだと、暗記力や記憶力が低下する

ずっと座りっぱなしの生活をしていると、早死にしやすいという研究結果が過去に報告されましたが、今度は暗記力や記憶力が低下すると明らかになりました。

【上半身の歪みを即、解消する簡単エクササイズ】

研究をしたのは、アメリカのミシガン州立大学です。「今まで座りっぱなし状態が高齢者や子どもにどのように影響を与えるかを調べる研究が進んでいたが、若者への影響は調査されていなかった」と研究者たちは述べています。

実験は75人の大学生を対象に行われました。彼らにいくつかの単語を暗記してもらい、次の日に復習のテストをしました。

その結果、前日に学んだ単語を覚えていた学生は普段からよく運動をしているとわかったのです。

テストの点数が悪かった学生たちは、運動が大嫌いで、若干太めの体型をしていたそうです。

研究者たちは子どもであろうと、若者であろうと、高齢者であろうといつも座りっぱなしでいると、将来健康面において悪影響があるのは避けられないと言っています。

確かに仕事も勉強も大切ですが、数時間に一度は立ち上がってストレッチをしたり、部屋を歩きながら暗記に取り組んだり、昼休みは外をゆっくり散歩するなど運動の時間は毎日必ず確保した方が良さそうですね。

未来の健康を支えるエクササイズを生活の一部にできるよう、日々努力したいものです。
Out of shape? Your memory may suffer
http://www.sciencedaily.com/releases/2014/05/140502130227.html

お役立ち情報[PR]