お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

既婚者に聞く!結婚の理想と現実どうでしたか?「精神的に落ち着いた」「金銭感覚が合わなくて、イライラ」

夫婦の相性や環境によって、いいも悪いも左右されやすく、結婚してみないことにはなかなか内情がわからないのが「結婚」です。しかし一般的に言われる「結婚」とは、また違ったという発見も多かったはず。そこで既婚男女27.1%の方に理想と実際の結婚のギャップについて聞いてみました。

【2014年はついに結婚!? あなたの「結婚願望度」診断】

■自由な時間がなくなるとは聞いていたけれど、意外と平気だった

・「自由な時間が少ないが、一緒にいても居心地がよいので思っていたより平気だった」(29歳女性/情報・IT/専門職)

・「1人時間がなくなると思ったけど、2人でその時間を楽しめるようになるとすごく楽しくなる」(26歳女性/生保・損保/事務系専門職)

結婚すると独身時代の自由な時間が、もう味わえなくなるとは聞いていたけれど、それは次第に気にならなくなってきたという方もいました。自由な時間と引き換えに、結婚は何か豊かなものを手に入れられるのかもしれません。

■結婚して、精神的に落ち着いた

・「安心するし、信頼できる相手がそばにいるのはすごいことだと思う」(30歳女性/金融・証券/営業職)

・「安心します。頼れるのですべて自分で解決しなくてよい」(32歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

・「精神的に落ち着いた」(31歳女性/食品・飲料/技術職)

結婚すると、いつもそばに家族の誰かがいます。正直窮屈なんでは?と思いがちですが、結婚した方はそれに落ち着きを感じ、安心するようになるそうです。

■一方、思っていたよりも悪かったのが「なれ合い」や「価値観の違い」の影響

・「家族になると、なれ合いができるのが思ったより悪い」(32歳女性/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「家事の分担は難しい」(27歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「金銭感覚が合わなくて、イライラすることが多いです」(37歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)

結婚する前は、多少の価値観の違いなら愛で乗り越えることができるとか、お互いにいつまでも恋人同士のようにいようとか思うものですが、暮らしに飲まれると、そんな誓いがつい後回しになってしまうことがあるようです。

■また思っていたより悪かったのは、「刺激が少なく、友人がいなくて寂しい」こと

・「思っていたより悪かったことは友人がいないこと」(37歳女性/医療・福祉/専門職)

・「旅行回数が減った」(37歳女性/情報・IT/技術職)

・「意外に刺激が少なかった」(32歳男性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

結婚したらしたで、そこにまた新しい刺激がたくさんあるのだろうと、結婚前は思いがちですが、結婚とは暮らし。つまり平凡でささやかな、変わらない日常が必要な場所だということ。だから刺激が少なく、さらには自分一人の都合でお金や時間を使えないため、刺激も生みにくくなっているのかもしれません。

正直、結婚はよかったのか、悪かったのか。人それぞれに思うことは多いでしょうが、自分が選んだ道。「やっぱり、これを選んでよかった」と思いたいですよね。今まで以上に、「結婚してよかった」と思うあれこれを、ぜひ探しながら結婚を楽しんでみてください。

※マイナビウーマン調べ(2014年4月7日~5月1日にWebアンケート。有効回答数461件。社会人男性・女性)

お役立ち情報[PR]