お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

大好きな彼の心を開かせる3つの心理マジック「相手と同じ話し方をする」「距離感を調整」もう1つは?

あなたは彼のことが大好きなのに、彼はあなたにまだ本音を見せていないと感じてしまうことはありませんか? でもちょっとしたキッカケがあれば、きっと心を開いてくれるはず……! そこで今回は、彼の心を開く心理マジックを3つご紹介しましょう。

【これでメロメロ?男性の頭の中をあなたでいっぱいにする方法「行こう!と手をつかむ」】

■1.相手にあわせる

すべての行動をさりげなく相手にあわせることをペーシング(pacing)といいます。例えば相手が怒ったら自分も同じように怒り、会話中に相手がお茶を飲み始めたら自分も同じようにお茶を飲む、といったような動作です。

人間は自分に似た人には安心感を覚え、一緒にいて疲れない、接しやすいという印象をもつのです。ただしあくまでもさりげない程度を心がけ、わざとらしい行動は避けるようにしましょう。

■2.相手と同じ話し方をする

声の高低さや話すスピード、語尾や方言などの口調を相手とあわせる話し方のことをマッチング(matching)といいます。これにより相手はあなたに仲間意識を持ち、グッと距離が近くなるのです。例えば、話好きの女性同士が早口で声が高かったり、親が子供に対してゆっくりと話しかけたりするのもマッチングです。

意図的に行っていることもあれば、接していくうちに自然と似てくるケースもあります。

■3.距離感を調整する

他人に近づかれると不快に感じる距離のことをパーソナルスペース(personal-space)といい、この距離がどの程度かによって相手との新密度をチェックすることができます。もしあなたと相手との距離が1.2mから3.5mほどであれば、職場などで軽く会話かわす関係であり、親しい間柄にはなっていない証拠。

45cmから120cmなら手を伸ばせば相手に触れられる距離だけに、もう一押し頑張りたいところです。それより近い距離はごく親しい人にだけの特権ですから、ぜひ1と2のテクニックを駆使してより親密になれるように距離を縮めていきましょう。

あまり難しく考えるよりも自然に接することを心がければ、彼もこれら心理に反応してくれるはず。彼のペースに合わせながら、焦らずゆっくりと心を開いてあげましょう!

お役立ち情報[PR]