お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

涙、涙の営業職あるある「車の場合日陰の取り合い」「案件無いけどあると言う」「食べるの速い」

自社物品の販売や自社サービスを購入してもらうために、あちらこちらを駆け回る営業職。「営業の仕事は大変なんだよ」とおっしゃる営業マンの方も多いですよね。今回は、こうした営業職にまつわる「あるあるネタ」を、営業職経験者の皆さんに聞いてみました。

【営業マンの出来る人と出来ない人の違い5つ「ポジティブ」「相手にしゃべらせている」】

●車の運転がうまくなったが、のんびりと走ることはなくなった。(28歳女性/運輸・倉庫/営業職)

車で営業に回る人は、運転する機会も多いでしょうし、上達しやすいのかもしれませんね。

●営業マンがよく車で昼寝するスポットでは、夏場になると日陰争奪戦が起こる。(35歳男性/機械・精密機器/営業職)

暑いところでは寝たくないですもんね(笑)。

●都内各地の広い駐車場がある「さぼりポイント」を把握している。(33歳男性/商社・卸/営業職)

ショッピングセンターの立体駐車場などがいいそうです。

●女の営業同士で、顧客の取り合いや裏工作がえげつない……。(28歳女性/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

どんな裏工作があるのでしょうか……?

●携帯電話の車内電話機能を使う頻度が、異常に多くなる。(26歳男性/マスコミ・広告/営業職)

営業の仕事で初めて車内電話機能を使ったという人もいますね。

●昼食のスピードが速くなる。(32歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

とにかく営業は時間が大切です。

●アポなんてないのに、「アポがある」とそのまま直帰してしまう。(29歳女性/生保・損保/営業職)

いちいち社に戻っていたら時間の無駄でしょうし、できるだけ直帰したいですよね。

●とりあえず相手の話に合わせておくが、実は話の半分も分かってない。(26歳女性/金融・証券/営業職)

それは駄目なのでは(笑)。

●お店や民家の出入りのとき腰が低くなる。(27歳女性/生保・損保/販売職・サービス系)

職業病のようなものですね。

●NR(ノーリターン)やリスケ(リスケジュール)という言葉を普通に使ってしまう。(32歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)

これも職業病のようなものですかね?

●喫茶店でサボろうとして、そこに同僚や上司がいたときの気まずさたるや……。(31歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)

相手もサボっているわけですから、お互い気まずいでしょう。

●案件はなくても上司に怒られるのであることにする。(25歳女性/金融・証券/事務系専門職)

怒られたくはないですからね(笑)。

●電話をアポなしでかけるのだがすごく緊張して手が汗ばむ。(38歳女性/自動車関連/その他)

慣れるまでは大変でしょう。

●サボるとき、男性はパチンコやスロットに行く人が多い。(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)

仕事しましょう(笑)。

以上、営業職の経験者に聞いた、「営業職あるある」でした。「サボる」関連のあるあるが多かったですね(笑)。同じく営業職を経験したことのある皆さんは、共感できましたか?

※マイナビウーマン調べ。(2014年4月にWebアンケート。有効回答数544件。18歳~77歳の社会人男女)

(貫井康徳@dcp)

お役立ち情報[PR]