お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼女もビックリ!? ほとんどの男子は「実は僕○○フェチなんです」

世の中のほとんどの男子は、何かしらのフェチであるといっても大げさではないでしょう。特に女子の体の一部分にこだわっている男子というのは、とても多いのではないでしょうか。そこで今回は、女子の体のどの部分にフェチ度を感じるか、働く男子にアンケートを採ってみました。

■王道ともいえる胸やお尻

・「女子の胸の谷間に顔を埋めることに幸せを感じる」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「大き目のお尻。触っていると落ち着く」(35歳/機械・精密機器/営業職)

やはりフェチの王道とも言える胸やお尻といった意見は大変多く、ほとんどの男子が胸やお尻と答えていました。胸とお尻の嫌いな男子はいないということでしょうか。

■プルプルした部位

・「女性のスベスベした太ももを触ると、何故か安心してしまう」(40歳以上/情報・IT/技術職)

・「別れ際『バイバイ』と言って腕を振ったときに気持ちプルプルする二の腕がたまらない」(40歳以上/機械・精密機器/技術職)

ちょっとフェチ度が上がると、女子のプルプルした部位がたまらないといった意見もあり、女子の柔らかい部位を触ってみたいといった願望の強い男子も多いようでした。

■マニアックすぎる部位

・「脚全体が好きで、特に足裏とつま先は、見ると興奮してしまう」(32歳/機械・精密機器/技術職)

ここまでいくと、ちょっとついていけなくなっていきそうです。もっとマニアックな男子になると、「鼻」や「腹」といった意見も聞かれました。

いろいろなフェチの男子がいましたが、全て許せる範囲内のフェチだったでしょうか。あまりにもマニアック度が進むと、ついていけないといった女子も多いようですが、男子はとにかくこだわる生き物なので、人に迷惑をかけない程度のフェチなら、そっとしといてあげましょう。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年2月にWebアンケート。有効回答数174件。社会人男性)

お役立ち情報[PR]