お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

気になる彼が不機嫌になる『言ってはいけない言葉』3選「体力ないね」「いい人だね」

彼が不機嫌になってしまうと、あなたは「何か悪いことしたかな?」と悩んでしまうこともあるはず。実はあなたのちょっとしたひと言が、不機嫌の原因であることも少なくないのです。そこで今回は、男性を不機嫌にさせる『言ってはいけない言葉』3選をご紹介しましょう。

【他人の不機嫌で自分をへこませない5つの方法「問題はあなたではなく相手にある」】

■1「男らしくないよね」

基本的に男性が言われて不機嫌になるのは『気にしていること』です。反応はそれぞれで、ひどく怒ることもあれば落ち込んでしまうことも。自分でわかっているものの、それを自分の力でなかなか改善できないことは、コンプレックスに感じやすいのです。

気になる女性から男らしくないことを指摘されるということは、恋愛対象になっていないと言われているようなもの。指摘するよりも、その部分を彼の個性として引き立ててあげると良いでしょう。

■2「体力ないね」

これも1に関係しますが、女性よりも体力のない男性は『頼りがいがない』と感じてしまいます。男女の比較をされることで、本来男性のほうが勝っているはずのことを指摘されるのは、かなりの屈辱。男性同士の比較でも、自分の方が劣っているというマイナスイメージにつながってしまいます。

同様に身体的な特徴(背が低い、太っているなど)もNGワード。「改善できるように一緒に頑張ろう」など、励ましの言葉をかけてあげると良いでしょう。

■3「いい人だね」

一見彼を褒めているような言葉ですが、それ以上は期待できないという意味もこめられています。性格はよくても、深く付きあうほどの興味は持てないだけに、なかなか恋愛に進展しないのです。頼りがいがあっても、容姿はいまいち……というケースもあるでしょう。

つまり女性にとっては『都合の良い男性』というメリットにつながるものの、男性にとってはメリットが何もないのです。もし彼の気を引きたいのなら素直に感謝の気持ちを伝え、「○○さんがいたから助かった」など特別感を出す言葉を添えると良いでしょう。

男性を不機嫌にするNGワードを避けるためには、思ったことをすぐに口に出すのは避けること。彼との仲を悪化させないためにも一度自分の頭の中で冷静に考え、言う必要がない言葉は心の中にとどめておくようにしましょう。

お役立ち情報[PR]