お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

女性が生きやすい国ベスト25「1位 アイスランド」―世界経済フォーラム

世界経済フォーラムが毎年発表している「国際男女格差レポート」は、1.経済への参加の機会と割合 2.教育水準 3.健康と生存率 4.政治への参加の度合い の4項目を基準に、男女格差について調査したものです。

【毒にも薬にも!男社会を生きる女性が注意すべき「媚び力」の使用法】

2006年から行われているこの調査では、2013年度では136カ国が対象となっており、過去4年間ではその内95カ国で各項目について改善が見られたということです。

では、2013年度のレポートにおいて男女格差の少ない上位25カ国は一体どの国でしょうか。以下、そのランキングを見てみましょう。

1位:アイスランド
2位:フィンランド
3位:ノルウェー
4位:スウェーデン
5位:フィリピン
6位:アイルランド
7位:ニュージーランド
8位:デンマーク
9位:スイス
10位:ニカラグア
11位:ベルギー
12位:ラトヴィア
13位:オランダ
14位:ドイツ
15位:キューバ
16位:レソト
17位:南アフリカ
18位:イギリス
19位:オーストリア
20位:カナダ
21位:ルクセンブルグ
22位:ブルンジ
23位:アメリカ
24位:オーストラリア
25位:エクアドル

北欧の国々が納得の上位を占めていたり、必ずしも先進国だけが上位にあるわけではないことが見て取れます。そして残念なことに、日本は25位以内にランクインしていないのがわかりますね。日本の順位は、136か国中なんと105位という結果でした。

女性の政治家の数の少なさや、企業における女性役員の少なさなどがランクを下げる要因になっているようです。日本はこの調査が開始された2006年の80位が最高で、以降はずっと100位前後で推移しています。

The Global Gender Gap Report2013
http://reports.weforum.org/global-gender-gap-report-2013/

お役立ち情報[PR]