お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

自分をカクテルで表現するなら何?「カンパリ・ソーダ:苦いことを言う」「ジントニ:辛口で毒舌」

カクテルは見た目も味もバリエーションが豊富で、飲む前からなんだか楽しくなってしまいますよね。なかには自分の性格を表したようなカクテルがあるかも……!?そこで今回は社会人の男女に、自分をカクテルで表現するならどのようなものになるかを聞いてみました!

【本日発売! 南国系カクテル「カリブーン」シリーズから「ラム&コーラ」夏限定で新登場!】

■苦味と風味がポイント

・「カンパリ・ソーダ。苦味が少しあるところが似てる気がするから」(29歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「ジン・トニック。辛口ですっきりしているから。私は毒舌でどちらかというとサバサバしているから」(23歳女性/通信/事務系専門職)

・「大半が無難な味か無味、底の方に甘みや苦みがある。他人に自分を見せない性格だから。本当に親しくなるまで、甘さも苦さも見せない」(27歳女性/機械・精密機器/技術職)

自分の性格を辛めに感じている女性は多い様子。これらを飲めば、ますます自分の性格が洗練されてきそうですね!

■見た目にだまされるな!

・「シャーリー・テンプル。かわいいけど実はノンアルコール」(26歳女性/通信/販売職・サービス系)

・「セックス・オン・ザ・ビーチ。危ない人生ばかり送ってきたから」(22歳女性/商社・卸/営業職)

・「桜色の少し甘いカクテル。好きな色と少し甘えん坊だから」(33歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「表面は甘いが、最後のほうで苦くなるカクテル。第一印象と中身が違うとよく言われるから」(26歳女性/金融・証券/事務系専門職)

女性の性格は、表面上では甘く見えても、実はそうではないというケースも多そう。男性がうっかりだまされやすいのは、この手のタイプの女性かも!?

■好みが分かれる爽やかさ

・「モヒート。ミントですっきりしながらもほのかに甘い、こんな女性が憧れです」(30歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「甘くない、ブルー系のシンプルなカクテル。女性っぽくなく、愛想のない、でも何か癖というかワンポイントをつけたい」(40歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)

女性が選ぶカクテルは、どこか自分の理想が含まれている気がしますね。性格がなかなか素直になれない人は、せめてカクテルだけでも本音を主張してみましょう!

・「吐き出しそうになる味。あまり他人と調和できないタイプなので」(35歳男性/機械・精密機器/営業職)

アルコールが苦手な人なら「口に含んだだけで無理!」ということにもなってしまいそう。男性はカクテルよりも日本酒や焼酎のほうが個性が出そうですね。

今回はちょっと苦みのあるカクテルや、見た目で味のイメージがつきにくいカクテルなどをあげる回答が目立ちました。特に女性ほど、自分の性格に近いカクテルをイメージしやすいようです。もしあなたなら、自分をどんなカクテルで表現したいですか?

※マイナビウーマン調べ(2014年4月12日~4月18日にWebアンケート。有効回答数302件。社会人の男女)

お役立ち情報[PR]