お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

一人の時にテンションを上げる方法「味の付いていない、ただの炭酸水を飲む」「赤の下着をつける」

家で仕事をやらなければならない時、あるいは、勝負のデートに向かう前など、一人の時にテンションを上げたくなる場面があります。そんな時、どんな方法をとればテンションが上昇するのでしょうか? 読者の皆さんに「一人でテンションを上げる方法」を聞きました。

【テンションの上がるトイレ 「コートかけや荷物置き場がある」、「便座が温かい」】

調査期間:2014/4/8~2014/4/18
有効回答数495件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

■アニマル浜口さんのように、独り言を言いながら自分にカツを入れる (30歳/女性)

これはむしろ「一人じゃないとできない」かも。大きな声を張り上げながら、さりげなく右手で回数を数えるのがポイントですね。

■ブロードのシャツを着るなど、自分なりのオシャレをする。いい雰囲気を作ると、自然とテンションも上がる気がするので (45歳/男性)

確かに、筆者もスーツを着る機会がめったにないのですが、いざ着てみると気分がシャキッとします。

■味の付いていない、ただの炭酸水を飲む。頭が一気に冴えるので(31歳/女性)

想像しただけでも頭が冴えてきます! と同時に、口の中もシュワシュワしてきます。

■お芝居の主人公になったつもりで、ひたすら妄想し続ける (37歳/女性)

お芝居の主人公となれば、低いテンションでいるわけにはいきませんからね! どんな芝居かがカギになりそうですが。

■赤の下着をつける。これが一番テンションが上がる(30歳/女性)

男ですが、筆者も試してみたいと思います。

■「うまくいかなかったら投げ出せばいいか」とひたすら自分に言い続ける。すると気分が楽になり、気持ちが上向いてやる気になる (22歳/女性)

本当に投げ出すわけではなく、肩の力を抜くという感じでしょうか。ただ、自分に言い続ける際に、口に出してしまわないよう注意です。

今回のアンケートでもっとも多く聞かれたのは、「好きな音楽を大音量で流す」という方法。こちらは多くの人がやっていそうですね。上に挙げられた方法と音楽の合わせ技も効果的かもしれません。

(J.B.河合+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]