お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

誘惑に勝てる!? 甘いものを食べ過ぎないためにしている秘策「●●で我慢する」「個包装を選ぶ」

甘~い誘惑に逆らえず、ついつい手を出してしまうスイーツ。でも、甘いものの取り過ぎは美容と健康の敵。体重計に乗ってから、ニキビを発見してからでは、もう遅いのです。そこで、働く女子たちに、甘いものを食べ過ぎないために工夫しているワザを教えていただきました。

■食べ方を工夫する

・「パッケージのままつまんでいると、無意識のうちに全部食べてしまうので、一回に食べる量を決めてお皿に出して食べる」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「生理中などにすごく食べたくなるので、その期間は食べてもよいことにし、他の期間に食べないようにしている」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「購入するときに、なるべく個包装されているものを選びます」(24歳/ソフトウェア/技術職)

・「お茶など、飲み物をたくさん飲みながら食べる」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「手元に甘いものを2個くらいしか置いておかない」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「だいたい一日の摂取量を10gくらいに決めている。外で食べ過ぎたら、家ではとらない」(33歳/医療・福祉/専門職)

もうちょっと、もうちょっとと思って食べ続けていたら、袋が空っぽに……というのは誰にも経験のあること。食べ過ぎないように量や期間を制限したり、食べ方を工夫するのも賢いやり方ですね。

■○○で我慢する

・「キャベツでおなか一杯にする」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「ドライフルーツやナッツなどをおやつにする」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

・「はちみつのアメを舐めてやり過ごす」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「バナナで我慢する」(23歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「甘いものを食べたくなったら、ハーブティを飲む」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「口寂しくなったら、ガムをかむ」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

甘いものが食べたくなったら、ほかのものでごまかすのもいい手です。それがハーブティーやナッツなどの体にいいものだったら、とってもヘルシー!

■ストイックになる

・「コンビニなどには極力入らない」(24歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「きつめのパンツをはく」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「食後すぐに歯を磨いて、歯磨き後は何も食べないように決めている」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

食べすぎないために女子たちが自ら課したマイルール。もし、ストレスがたまっちゃったら、ほかのことで発散しましょう。

女子たちの苦肉の策がたくさん登場しましたね。甘いものを自ら制限できるって、セルフコントロールがきっちりできている証拠。これも立派な女子力です! 健やかな体のために、甘いものはほどほどにするとっておきの策があなたにもありますか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数288件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]