お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

世界で一番幸福な国は4年連続で「オーストラリア」!トップ10はどこの国?

経済開発協力機構(OECD)は、2000年から毎年、世界の国々の「ベターライフ指針」を調査しています。この指針には、健康・教育・満足できる生活・環境の質・個人の安全・収入などの基準が設けられ、この数値が高いほど、幸福度の高い国となります。

【あなたを心から幸せにするものは何ですか? 3つの自己幸福度分析法】

今年のトップは、4年連続してオーストラリア、次にノルウェー、スウェーデン、デンマーク、カナダ、スイス、アメリカ、フィンランド、オランダ、ニュージーランドとトップ10カ国がつづきます。

1位のオーストラリアは、ほとんどの基準の数値が高く、調査を行なった36カ国のうち、環境の良さ・健康・住宅状況・個人の安全・仕事・収入・教育・社会的なつながり・富などにおいては、どれもが平均を上回っています。

おもしろいのは、性別、年齢、文化的な背景や国により、何が人を幸福にするのは違いがあるようです。たとえば、日本人が、満足する生活に一番重要なのは、個人の安全であり、南アメリカの人々は、教育をトップにあげています。

ちなみに最下位の国はトルコで、35位がメキシコ、34位はギリシャ。治安の悪さや犯罪率の高さ、また経済不振が理由です。それでも、ギリシャは健康や環境の良さでは数値が高く、メキシコは、暮らしへの満足度が高いと出ています。

こんなに物質に恵まれている日本ですが、世界の幸福な国からは、まだほど遠いようです。

Want to live in the world’s happiest place? This is where you should go…
http://edition.cnn.com/2014/05/05/business/oecd-quality-of-life/index.html?hpt=hp_bn1

お役立ち情報[PR]