お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

世界最高齢の男性「長寿の秘訣は子供をもたないこと」-アメリカ

先月イタリアのアルトゥーロ・リカタさんが112歳の誕生日を前に亡くなり、存命中の世界最高齢の男性はニューヨークのマンハッタンに住むポーランド系移民のアレクサンダー・イミックさんになりました。彼がニューヨークタイムズ紙に長生きの秘訣を語っています。

【高齢者の幸福度が最も高かったのは「東京」─ 四大都市別「高齢者の幸福度」調査】

禁酒、禁煙、運動などに加えて、ちょっと意外なのが子供を持たないこと!

「ノーベル賞というわけではないけど、こんな長生きするとは思いもしなかった」と話すイミックさん。国際的な老人学研究者団体ジェロントロジー・リサーチ・グループに存命中の男性では世界最高齢と認定されました。この団体によると日本の大川ミサヲさん(116才)を含め、イミックさんより年上で存命中の女性が66人います。

イミックさんは1903年2月4日にポーランド南部の都市チェンストホヴァに生まれました。1951年に2人目の奥さんとアメリカのコネチカット州ウォーターバリーに移民、奥さんの死後、1986年にニューヨークに引っ越しました。

20代のころから降霊術などに興味をもっていたイミックさんは、1995年に92歳で超常現象に関する本を出版しています。

そんな彼が語るスーパーセンテナリアン(110歳以上の人)になる秘密は下記の通り。

・子供を持たないこと
・お酒を飲まないこと
・たばこをやめること
・スポーツをすること(イミックさんは体操、短距離走、槍投げに水泳といろいろやっていたそう。)
・「食べ物に価値を見出さない東洋の神秘に触発された」食生活(介護士さんによると、マッツォー・ボール(ユダヤ人の食べる団子のようなもの)、ゲフィルテ・フィッシュ(これもまたユダヤ伝統の魚のつみれ)、チキンヌードルスープ、リッツのクラッカー、スクランブルエッグ、チョコレート、アイスクリームがイミックさんの好物です)
・良い遺伝子

本人もびっくりするほど長生きしているイミックさん。確かに子供がいると寿命が縮むようなことも多々あります。

遺伝もあるかもしれませんが、やっぱり食事や運動を含めた生活習慣が長生きには重要なようです。

World’s oldest living man’s secret? Not having children, he says
https://news.yahoo.com/oldest-living-man-111-years-old-153317407.html

お役立ち情報[PR]