お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

もう仕事に疲れた?30代でもリタイア可能な国「1位 アルゼンチン」「2位 ウルグアイ」

30代でもリタイア可能な国たちをご紹介。治安に加え、生活費もお手頃な早期リタイア生活も夢じゃない国々はこちら!仕事から解放された第二の人生を送るための国探しにどうぞ。

【ニューヨークに住むにはいくらぐらいかかる!?「ワンルームでも1,800ドル」】

1位:アルゼンチン
堂々一位のアルゼンチンは、他の南米諸国よりもやや物価が高いながら十分発展しており、高級レストランやショッピングなども充実する一方で、生活費や住居費は欧米先進国よりはるかに安く、住みやすい国。医療水準の高さや医療費の安さも魅力のひとつ。ビーチや砂漠、スキーができる山々などバラエティに富んだ地形も魅力!

2位:ウルグアイ
小さい国ながら年間を通して温暖で、医療も水準が高く低コスト。所有する海外資産に制限が無いほか、移住を希望する人に対しても複数のビザオプションが用意されています。公共交通機関も比較的安全で安く、住居もお手頃。

3位:マルタ
小さいながら欧州連合(EU)の一員であるイタリアに程近いこの国、EU加盟国意外からの移住はちょっとハードルが高いながら、十分な資産証明が出来れば移住も可能。美しい景色に温暖な気候、豊かな歴史や文化に加えてフレンドリーな国民性の中でリラックスして過ごせること間違いなし!生活費も他のEU諸国に比べればお手頃。

4位:コスタリカ
コスタリカはこれまでも長年移住者を受け入れて来ており、そうした移住組の先達による助けが得られやすいのも魅力。住居や生活費、医療コストが安いのはもちろん、政情や経済も安定しています。近代化した都市部だけでなく、ビーチやジャングルなども。

5位:マレーシア
温暖な気候やビーチ、ジャングルなど豊かな自然のほかに医療や居住コストが安い、といった環境条件が整っていることはもちろんのこと、ご飯が美味しいのが嬉しいところ!こちらも移住者が多く、移住者コミュニティによる助けが得やすいほか、海外資産に対する規制もありません。経済成長真っ只中のこの国、スモール・ビジネスを始めるにも良いかも?

6位:パナマ
パナマは特にリタイアがし易い国のひとつ。年金受給査証が取れれば、簡単に居住権が得られます。その査証も、何歳であっても月1000米ドルあれば申請できます!太平洋と大西洋にまたがるパナマは多くのビーチがあり、自然に恵まれて新鮮な果物や野菜も安価で手に入ります。一方で、首都パナマ市は国際化が進んだ都市で、移住者コミュニティも大きく、快適にリラックスした生活が送れるように。

7位:エクアドル
エクアドルは、赤道直下で太平洋に面する一方、アンデス山脈の一部がまたがっており、熱帯気候のビーチを有する一方、年間を通して穏やかな気候を保っています。特に医療サービスが安価でなことが魅力であるほか、家賃に加えてナイト・ライフなどの娯楽費も低コストで住みます。一般的に、カップルや夫婦で月1500~2000ドルで生活できるとか!

Retire at 30 And Escape To These Countries
http://www.therichest.com/expensive-lifestyle/location/retire-at-30-7-countries-where-you-can-escape-the-grind-now/

お役立ち情報[PR]