お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

女性の集団行動でやってはいけないルール3カ条「×自慢話」「×自分の意見」「×一緒に行動」

女性は男性に比べると集団行動をする傾向が強いもの。しかし、すべての人が好んで集団にいるわけではなく、付き合いの関係で仕方なく……などの理由を持っているケースもあります。そこで今回は、上手に女性の集団行動で付き合っていくためのルール3カ条をご紹介しましょう。

【噂話には集団社会をまとめる効果がある-米研究】

■1.自慢話をしない

女性の集団は表面上の付き合いが優先されるため、幸せアピールをしてもねたまれる可能性が高いのです。本人の前では祝福してくれたとしても、後々陰で悪口を言われる可能性も。そのうち自分が誘われなくなったり、仲間はずれにされるような行為が目立ったりするなど、集中的に攻撃されることもすくなくありません。

自慢話をどうしてもしたいときは本当に仲の良い友人など、一緒に幸せを喜んでくれる相手だけにしておきましょう。

■2.自分の意見を押し通さない

女性が集団行動を好むのは、他の人とは違うと思われたくなかったり、常に仲間がいるということを実感したかったりする場合がほとんど。もし自分の意見を押し通してしまえば、他の人から「自分勝手な人」と思われてしまい、集団で孤立してしまいかねません。

程よい関係を続けていくためには、まわりの意見を聞き、適度に同調するなどして自分を主張しすぎないように。もしリーダー格の人が集団の中にいるのであれば、その人の意見にあわせるようにしてみるといいでしょう。

■3.無理をしてまで一緒に行動しない

仲間はずれにはなりたくないという気持ちがあっても、それで自分のやりたくない行動を無理やるようなことは、精神的にも身体的にも負担になります。あなたが最も大事にすべきなのは自分自身や家族であり、表面上だけの付き合いではありません。

何のために集団行動に参加するのかを考えて、負担が大きすぎると感じたら断る勇気も大事です。大人の女性として、恥じない行動をしましょう。

女性の集団行動が得意な人もいれば苦手な人もいるのは当然のこと。ストレスになるような付き合いは避け、適度な距離感を保つことができれば常に一緒にいる必要はありません。一歩引きながら、上手な集団行動を心がけてみましょう。

お役立ち情報[PR]