お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うそ! 私より、あの子が先にプロポーズされたなんて

「だけど由布ちゃん、いきなり
『乾いた生活してそうですね』ってひどくない?」
「それは、たしかにひどいけど……」

そう言って、由布ちゃんは小さなベルが、
チリチリと鳴るように笑った。かわいい。
「でしょう。だから
『失礼ね! 彼ぐらいいるわよ』って蹴散らした」
「ふふふ。後輩くん、きっとガッカリしてるよ。
でも花梨ちゃん、楽しそうでいいな。
わたしたちなんて、何かヘビーになってきて」
「え、豊くんとどうかしたの?」

由布ちゃんは、わたしと同じ28歳で、
付き合って1年たつ2つ年下の彼がいる。
正直……いつ結婚できるかわからない、
年下の男性と交際するって勇気があるな、と思う。

「それがね、彼が『結婚しよう』とか言い出して。
わたしかなり、困ってるんだ」
「え、何言ってるの、おめでとう。やったね!」

そう言いながら、わたしは呆然としていた。
由布ちゃんが、プロポーズされたなんて!
その時、わたしの心に広がったのは、
祝福の喜びよりも不安や焦りに近い感情だった。

お役立ち情報[PR]