お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

放っておくと大変なことに! 女子が実践する、むくみとり対策「エステローラーでマッサージ」

疲れがたまると、顔や体がむくんできてしまいます。放っておくと、どんどん疲れが体に蓄積されてしまいそう。そんなとき、自分で行っているマッサージがあるか、働く女性に聞いてみました。

■リンパマッサージ

・「リンパの流れに沿って、やさしく老廃物を流すマッサージをします」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「リンパに沿って毒素を流す小顔マッサージ」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「鎖骨周辺を鎖骨に沿ってマッサージ。リンパの流れがよくなる気がする」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

「リンパマッサージ」と答えた方はほかにも多くいらっしゃいました。手軽にできるのが支持される理由でしょうか。中にはエステティシャン顔負けの方もいるかもしれませんね。

■美容ツールを利用

・「エステローラーを使ってマッサージ」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「かっさを使って、顔をマッサージ」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「着圧靴下をはく」(28歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

何か道具を使ってマッサージすると、効果が大きいような気がします。自分に合ったアイテムを見つけておくといいですね。

■マッサージ機を思いきって購入

・「マッサージチェアを思い切って購入しました」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「通販で買ったフットマッサージ機を使用している。ひざ下をもんでくれる」(32歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

むくみやすい人は、がんばっている自分へのご褒美に購入するのもアリですね! 至福のひとときになりそうです。

■体を動かす

・「ヨガで、股関節を伸ばすポーズをとります」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

・「青竹ふみをしている」(27歳/学校・教育関連/専門職)

思いきって体を動かすのもいい方法です。気分もとってもよくなりそう。

■まだまだある! むくみをとる方法

・「顔がむくんだときは耳を引っ張る。脚はふくらはぎをマッサージ」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「塩でもむ」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「顔に蒸しタオルを当てる」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

蒸しタオルを使った方法は、むくみをとるだけではなく、目が疲れているときにも効果があるようです。目の疲れとむくみとりの両方の効果を狙ってみるのもアリ!?

いかがでしたか? ストレスとは無縁でいられない働く女子としては、自分自身で体をほぐす方法を知っていたいですよね。もし自分にできることがあったら、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数288件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]