お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

全て手作り料理!砂糖も人工甘味料も断って健康に。1年間過ごした家族の結末

ノンシュガーで過ごそう!とダイエットのために心に決めたことはありますか?砂糖を使っていない飲み物や食べ物を調理しようと、カロリーゼロのダイエット飲料や人工甘味料パルスイートなどを利用した人もいるでしょう。

【低カロリー&砂糖・乳製品不使用!フルーツアイスメーカー登場!】

でもその人工甘味料さえ使ってはいけないと言われたら、あなたは1年間乗り切れる自信はありますか?

アメリカのイブ・シャウブさんとその家族は1年間砂糖や人工甘味料を全く使わない生活をしたとして注目を集めています。

そんな生活をしても、体重自体はあまり変化はなかったのですが健康面では大きな変化が現れたそうです。

アメリカ人の肥満と病気の一番の原因は砂糖の取りすぎであり、3分の1は太り過ぎと診断され、さらに糖尿病や心血管疾患が毎年増えているという記事を読んだイブさんは、このままでは自分と家族の健康に危険が及ぶと考えました。

この記事をきっかけに「砂糖断ち」を決意したのですが、協力的な旦那さんを別にして6歳と11歳の娘からは猛反対を受けました。

それもそのはず、砂糖断ちをするということは、お誕生日、クリスマス、収穫祭などの楽しみの80パーセントが奪われるようなものだからです。

それでも強行した砂糖断ちですが、まず苦労したのは食事作りです。

インスタントや冷凍食品の多くに砂糖が含まれているのですから、全てを手作りしなければなりません。

苦労しながら砂糖断ちを進めていくうちに、イブさん自身にまた家族の健康面に変化が現れました。

砂糖を食べたいという強い欲求がなくなっていったのです。誕生日に特別にケーキを食べさせても、昔ほど、食べたいと思わなくなっていたそうです。

更に学校を休みがちだった子供たちが健康になり、ほとんど休むことはなくなったそうです。

インフルエンザを恐れて、子供たちと共に家にこもりきりだったイブさんは今は堂々と外出できるようになりました。

イブさんは、この経験を一冊の本にまとめました。タイトルは彼女の経験通り「ノーシュガーの年」と名付けられました。

砂糖の健康への影響に悩んでいるなら、この本を読んでみるのもいいかもしれませんね。
日本語訳が出るのが楽しみです。

Year of No Sugar American Family Goes Sugar-Free for a Whole Year
http://www.odditycentral.com/foods/year-of-no-sugar-american-family-goes-sugar-free-for-a-whole-year.html#more-40541

お役立ち情報[PR]