お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 節約・貯金

お金の貯まるみんなの持ってる縁起物教えて!「カエルの置物。知らぬ間にお金がたまっていた」「100万円の帯封」

お金をためたいなぁと思っていても、なかなか思うようにはいかないことも多いはず。時には何らかの縁起物に頼って、運気を上げたいと思ってしまうこともありますよね。そこで今回はお金がたまるといわれている縁起物を持っている男女に、その効果をズバリ教えてもらいました!

【ウィンドウショッピングのつもりが散財?商品に「触る」とお金を使いすぎる傾向に】

■蛇・カエル

・「蛇の抜け殻。ダニが繁殖してしまい、効果の有無を問う前に捨てました。ちゃんと乾かしてから財布に入れましょう」(32歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)

蛇の抜け殻という回答は多かったのですが、あまりいい結果が得られてない様子。汚れないようにしっかり乾かして、通気性のいい袋などに入れておいたほうがいいのかも。

・「カエルの置物。知らぬ間にお金がたまっていた」(27歳女性/情報・IT/事務系専門職)

こちらはかなり期待できそう! あまり意識しすぎず、何気なく置いておくくらいがいいのかもしれませんね。

■猫・豚・亀

・「小判を持った猫。懸賞に当たった」(26歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「金色の豚。初めは良かった。足が折れてから運気急下降」(42歳男性/建設・土木/営業職)

・「亀の根付け。貯金できるようになった」(27歳女性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

お金がたまるという意味では亀が期待できそうですが、猫や豚もちょっと気になってしまいますね。全部持っておけば、全部の効果が発揮されるかも!?

■お守り・おみくじ

・「小判のお守り。なんやかんやで、年間200万円貯金」(24歳女性/情報・IT/技術職)

・「正月にひいたおみくじ。財布に入れているので、無駄遣いしていない気がする」(29歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

無駄遣いを減らせばお金もどんどんたまっていくはず。無理のない金額を設定して、これら縁起物で上手に節約して貯金したいですね!

■たかが紙、されど紙

・「100万円の帯封。財布に入れているが、なんとなく効果を感じる」(29歳女性/生保・損保/事務系専門職)

・「1億円札(100,000,000円に見えるよう1万円札を折って作る)。臨時収入が増えた気がする」(40歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「舞妓(まいこ)さんのしおり。めちゃくちゃ入ってきた。バイトが忙しくなったから」(23歳女性/自動車関連/事務系専門職)

これらはいつもよりお金が入ってくることへの効果が期待できそうですね。お財布に1万円札が入っている人はぜひ今すぐ試してみては!?

■何かに頼ってはいけない!

・「長財布。お金がどれくらい入っているのか分かるので、考えて買い物するようになった」(23歳女性/通信/事務系専門職)

・「レシートをためる。ゴミがたまるだけで意味なし」(31歳男性/金融・証券/専門職)

「レシートがたまってくる=無駄遣いが多い」と自覚することで、無駄遣いをしないようにする意識が高まるということかもしれませんが、家計簿などを付けていない男性だとちょっとこれは気づきにくいかも。使い勝手のいい財布を使うことで、お金を使いすぎないようにしたいものですね。

さていかがでしたでしょうか? あなたももしお金をためたいと思っているのであれば、ぜひこれら縁起物の中から自分にあったものを選んでみてくださいね!

※マイナビウーマン調べ(2014年4月12日~4月18日にWebアンケート。有効回答数302件。社会人の男女)

お役立ち情報[PR]