お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

一風変わった全国の祭り達「御柱祭:がけを丸太の上に乗って駆け下りる」「婿投げ:雪の中に婿が投げられる」

神仏および祖先をまつるための祭りにも、独特の習俗、ユニークなものが日本各地にあります。そこで、「体験した、参加したことがある一風変わったお祭り」を読者の皆さんにアンケート調査で聞きました。

【人気3大屋台は、『りんご飴』『たこやき』『焼きソバ』に決まり!? 20代女子に聞いた「夏祭りで一番好きな屋台」ランキング】

■一晩中踊る、観客が飛び入り参加、頭をたたかれる

まずは、北海道・東北地方から。
「岩手県盛岡市の盛岡舟っこ流し。提灯などで鮮やかに飾られた舟が炎に包まれて川面を流れる」(77歳/男性)
「秋田県男鹿(おが)市のなまはげ。袋に入れられて怖かった」(37歳/男性)
「秋田県雄勝(おがち)郡羽後町(うごまち)の西馬音内盆踊り(にしもないのぼんおどり)をビデオで覚えて、こっそり参加したことがある」(35歳/女性)
こっそり参加したという、その後が気になります。

続いて、関東地方。
「神奈川県横浜市戸塚のお札(ふだ)まき。女装したおじさんがお札をまく」(22歳/女性)
お札まきは、女装した踊り子が五色(青、赤、黄、緑、白)のお札をまき、五穀豊穣・厄よけを願う神事です。

「群馬県高崎市のきつねの嫁入りに参加した。一緒になって歩いた」(30歳/男性)
地域の伝説に残る婚礼の儀式を、きつねの世界に見立てているのだとか。

中部地方では、
「岐阜県郡上(ぐじょう)市の郡上おどり。夜通し踊る」(29歳/女性)
「長野県諏訪市と下諏訪郡にある諏訪大社の御柱祭(おんばしら)。大きな柱を引きずる。地上に立てると、とにかくダイナミック」(31歳/女性)
「新潟県十日町市松之山で、雪の中に婿が投げられる婿投げ」(29歳/女性)
迫力満点の祭り情報が並びました。

関西地方では、
「滋賀県米原(まいばら)市筑摩(ちくま)神社の鍋冠祭(なべかんむりまつり)。子供のころ、鍋をかぶって行列に参加した」(26歳/女性)
「友人に誘われて、大阪府岸和田市の岸和田だんじり祭に参加したことがある。家や電柱を壊しながら進む(?)だんじりに圧倒された」(53歳/男性)
「京都市の鞍馬の火祭。気付けば町中、松明(たいまつ)だらけで迫力があった」(26歳/女性)
「三重県四日市市の四日市祭。大入道やたぬき、文字書きなどのからくり人形のネリと呼ばれる山車(だし)や、行列などの奉納がある」(29歳/女性)
観る側が楽しめるユニークさや迫力が特長的です。

中国・四国地方編。
「岡山市の西大寺の会陽(えよう)裸祭り。観るだけだったので体験とは言えないかもしれないが、熱気がすごかった」(30歳/女性)
「山口県光市の周防柱松(すおうはしらまつ)。松明をバスケットボールのように、柱の先にくくりつけられたかごに投げ入れる」(43歳/女性)
「徳島県の各所で盆に開催される阿波おどり。観客も、『にわか連』に飛び入り参加で踊ることができる」(41歳/男性)
「岡山県倉敷市の倉敷屏風祭。素隠居(すいんきょ)が出没し、うちわで頭をたたかれた人は幸せになるそう」(23歳/女性)
いわれが気になる祭りの数々。踊らにゃソンソン。

九州地方。
「長崎市の精霊流し(しょうろうながし)。神妙な行事だというイメージとは違って、鐘の音、人の掛け声、それに、爆竹の音が耳をつんざき、びっくりした」(33歳/女性)

ほかにも、開催地や祭りの名称は未記入でしたが、一風変わった地域の祭りが挙げられました。
「稚児(ちご)行列。麻呂(まろ)のように化粧をしてもらい、着物で練り歩く」(27歳/女性)
「牛祭り。浴衣で田植えの動作をしながら歩いた」(27歳/女性)
「近所の秋祭り。3年に1回行われて、2日間で全地区をまわる」(20歳/女性)
「地元の神社の川に入るお祭り。地元民がみこしをかつぎ、川に行って帰ってくる」(27歳/女性)

海外の祭りに参加したという情報も届きました。
「タイのソンクラーン。水鉄砲で、友人他人問わず水をかけあった」(28歳/女性)
タイの旧正月(旧暦の新年。4月13日~15日)を祝う行事で、別名「水かけ祭り」と呼ばれています。

読んでいるだけでイメージが湧く祭りシーン。すべてに参加したくなりました。旅の楽しみが増えそうです。

調査期間:2014/4/16~2014/4/22
有効回答数 311件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(岩田なつき/ユンブル)

お役立ち情報[PR]