お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外と知らないマナー「帯祝いで腹帯を巻く意味はあるの?」

安定期に入った妊娠5カ月目ごろ、安産を願って「帯祝い」を行います。安産の象徴ともいわれる犬にあやかって戌の日に行いますが、最近ではとくにこだわらないことも。主に女性の実家から岩田帯といわれる腹帯が贈られ、神社で安産祈願をしてもらいます。

【健康的でリフレッシュもできる「妊娠中にいい飲み物」10個】

妊婦が腹帯を巻くのは、大きなおなかを支えるだけでなく、腰への負担を軽減したり、妊娠線や冷えを防いだりする役割があるそう。腹帯は出産後、赤ちゃんの肌着などに再利用されます。最近では形式的にいただくだけで、マタニティーガードルなどを使う妊婦が多いようです。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]