お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

アメリカのちょっと「?」な法律たち「こん棒での武装が無い場合、車道で水着姿になることを禁ずる」

異性や交際、夫婦生活にまつわる法律、どこの国や地域でも大体同じと思いきや、調べてみると意外とみつかる、ちょっとおかしなアメリカの法律たちを紹介。

【海外旅行のとき注意! 各国の意外な法律・初級編「小銭での支払い」「ハイヒール」】

◎「寝ている女性にキスをしてはだめ」
コロラド州。眠り姫を起す王子にキスもこの州では違法行為に!

◎「独身の女性をお世辞、誘惑、アートなどを用いたり、詐欺や、結婚をほのめかして誘惑してはいけない」
アラバマ州。男性の選択肢がかなり狭められそうです。

◎「見知らぬ人をウインクして誘ってはいけない」
アイオワ州。ウィンクを禁じることにどれ程の意味があるのかは住んでみないとわからないのでしょうか。

◎「不倫には罰金」
アーカンソー州。ただ、罰金は20~100ドルと、到底抑止力にはならない金額。ちなみにビル・クリントン元大統領は元アーカンソー州知事でもあります。カリフォルニアでは不倫の罰金は1000ドルだそう。

◎「キスを習慣的にする人は口髭禁止」
インディアナ州。顎髭はアリだとか。衛生面を考慮しての措置でしょうか….。

◎「にんにく、玉ねぎ、イワシなどの口臭がある状態で妻との交渉禁止」
ミネソタ州アレキサンドリア。こんな場合、妻が望むのであれば、歯を磨けば交渉可能なんだとか。法律で禁じる程の悪臭による惨事があったのでしょうか。


◎「女性は最低2人以上の警官の付き添いおよびこん棒での武装が無い場合、車道で水着姿になることを禁ずる」
ケンタッキー州。そもそも車道で水着になることもあまり無いでしょうが、法に従って生きることの難しい州のようです。

◎「妻とベッドの中に居る間はビールを3口以上飲んではいけない」
アイオワ州エイムズ。ここまで指定するのであれば、そもそもベッドでの飲酒を禁止してはどうでしょうか。

こうした法律の殆どは形骸化しているのだとは思いますが、やはりこうした法律制定に至った経緯が気になりますね!

10 Strangest Sex Laws in the USA
http://www.huffingtonpost.com/smartertravel/10-strangest-sex-laws-in_b_5079145.html?utm_hp_ref=weird-news&ir=Weird+News

お役立ち情報[PR]