お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ダメに決まってるでしょ! 職場なのに名前で呼ぶなんて

「ダメに決まってるでしょ。
ここは職場で、あなたは2つ下の後輩。
名前じゃなくて苗字で呼ぶのが常識よ」

わたしはもう一度、武内くんをにらんだ。
「わかりました。花梨さん」
「だから、やめてってば!」
思わず大きな声を出すと、
周囲の同僚や先輩がいっせいに振り向いた。
武内くんは笑いを押し殺しながら、
足元のダンボールから、わたしの隣席へ、
自分の荷物を入れはじめる。

まったく、生意気で憎らしい。

でも、ほどなくはじまった打ち合わせでは、
プロジェクト概要の飲み込みが早いだけでなく、
みんなが気づかなかった問題点に気づくなど、
あいかわらず頭のキレる人物ではある。

「深水さん、古い仕様書ってどこにあります?」
「後のラックの上から3段目に入ってる」
「ありがとうございます」
そして仕事の本番になれば、
人に接する時は、誰よりも丁寧になる。
いい人が助っ人であることは間違いない。

お役立ち情報[PR]