お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

思わずイラッ!女友達からの恋愛相談エピソード「愚痴がのろけに変わる」「意見求めながら聞かず」

大人の恋愛相談の定番ネタといえば、ドロドロ話やのろけ話。前者はともかく、後者は聞いていると思わずイライラしてしまうこともありますよね。そこで今回は社会人の男女に、女友達からの恋愛相談でイラッとしたエピソードを語ってもらいました!

【KYにも程がある!? 恋愛相談をしたくない女友だちの特徴5つ「口が軽い」「男好き」】

■のろけですみません!

・「はたから聞くと、別れればいいのに、と思うような話を延々として『でも好きなんだよね~』と最後にのろけること」(30歳女性/小売店/秘書・アシスタント職)

・「愚痴を聞かされて、どう考えても別れた方がいい状況なのに、いざアドバイスや忠告をすると彼氏をかばいだした」(22歳女性/商社・卸/営業職)

・「彼氏の愚痴を聞かされて、そのとき自分に彼氏がいなかったので、嫌みというか自慢のように聞こえて嫉妬してイライラしてしまった」(29歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)

愚痴とのろけ話は、ほぼセットになっているよう。愚痴を思いっきり吐き出してスッキリさせたいということなら、適度に聞き流しながら相手をしてあげると良いかも!

・「2人の人から告白されている。1人にも告白されない身にもなれよ」(27歳女性/情報・IT/事務系専門職)

この手の相談は一見深刻のようですが、自慢話と思われてしまうことも。相談されたらあくまで冷静に、大人な態度でアドバイスをしてあげましょう!

■聞いてくれるだけでいいの!

・「聞いてもないのに『最近さぁ、うまくいっていないんだよね……』と延々話し始めたとき」(33歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「『おまえのわがままで、思いやりがないからだろうが!』と思うことで相談されるから」(35歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「自分の中で結論が決まっていて、その結論に達するまで『でも』『だって』を繰り返す」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

これも先の回答同様に、愚痴とのろけ話につながっていきそう……。全部話して気持ちがスッキリするまで付き合ってあげれば、それだけで女性は満足してくれそうですね!

■意見は要りません!

・「自分の意見を伝えると必ず反論する」(28歳男性/商社・卸/事務系専門職)

・「『どうすればいい?』と聞かれたので、自分の意見をいくつか言ったら『分かってない』と逆ギレされたこと」(28歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「助言したら『でも私はそうじゃない』と、結局その子がはじめから思っていた結論に。私、必要あったのか……」(23歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)

恋愛相談は、自分自身の中ですでに結論が出ているものが多いようですね。それをあえて誰かに打ち明けることで、自分の気持ちを整理しようとしている様子も見られます。真剣に相談にのるように振る舞いつつ、聞き役に徹するのが一番良いかも!?

今回は「愚痴とのろけ」「意見を聞かない」のふたつが、相談相手をイラッとさせる原因になりやすいことがわかりました。もしあなたが誰かの相談相手になるときは、内容をある程度予想しつつ、冷静な程度で聞いてあげてくださいね!

※マイナビウーマン調べ(2014年4月12日~4月18日にWebアンケート。有効回答数302件。社会人の男女)

お役立ち情報[PR]