お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

寝つきが悪い女子は54.5%! よく眠るための秘訣は? 「寝る前にスマホをいじらない」

疲れて帰ってきて一刻も早く寝たいのに、布団に入るとなぜか目がパッチリ! なんてことはありませんか? 次の日のためにも寝つきはよくあってほしいものです。まわりの女性たちは寝つきよくぐっすりと眠れているのでしょうか。働く女性にアンケートしてみました。

Q.あなたは、寝つきがよくぐっすり眠れますか?

「はい」45.5%
「いいえ」54.5%

過半数の方が「いいえ」と答えています。寝つきが悪くて悩む女子も多いみたい。そこで、「はい」と答えた女子に、寝つきがよく、ぐっすり眠れるための秘訣を教えてもらいました。

■寝る前に●●する!

・「寝る前に小説を読む。文字を読むと、自然と眠くなってくる」(22歳/情報・IT/技術職)

・「楽しいことや前向きなことを考えて寝ます」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ホットアイマスクをつけて寝る」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

寝る前に、好きなこと、楽しいこと、癒やされることをするといいみたい。コレをするといつも眠れる! という自分なりのものを見つけたいですね。

■寝る前に●●しない!

・「寝る前にはパソコンやテレビを見ないことです」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「寝る前にスマホをいじらない」(32歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

確かに、サイトやTVを見はじめると、眠いどころかどんどんハマって頭がさえてきそうですね。

■ポカポカにする

・「寝る前にしょうがドリンクを飲む。体が温まってすぐ眠れる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「体が冷えていると眠れないので、お風呂上がりすぐに靴下をはいて保温してベッドの中で靴下を脱いで眠ります」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ゆっくりお風呂に入る。牛乳をホットで飲む」(27歳/電機/技術職)

体が冷えていると、布団に入ってからも冷え冷えして眠るどころではありません。そのためにはお風呂にゆったりつかることは必須。しょうが湯などあたたかい飲み物をとることでも、良質な眠りを得ることができそうです。

■生活習慣を整える

・「生活のリズムを、良質の睡眠をとることを中心に考えている。日勤、準夜勤、夜勤と勤務が不規則なので、短時間でもいいからぐっすり寝るために食事は消化のいい物中心、入浴はゆっくりしっかり楽しんでいます」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「夕飯を早めに食べる。布団をまめに干す」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「日中、よく動くことで疲れて眠れると思います」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

日ごろから健康的な生活をおくる努力をしていれば、夜はおのずとすぐに眠りにつけてしまいそうです。

中には「何もしていないのですが、昔からのび太君並みに一瞬で眠れます……」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)といううらやましい方も。体が疲れていても、ストレスや悩みがあったりするとなかなか眠れないこともあります。眠る前に心もケアできる自分なりの方法を見つけたいものですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数288件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]