お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

海外で絶対にやってはいけないジェスチャー8選「相手に手の甲を向けてピースサイン:侮辱」「OKサイン:侮辱」

世界には日本と違う習慣がいろいろありますが、ジェスチャーも国によっては「それはまずい!」と青ざめてしまうものも。私たちが何気なく使っているピースサインやOKサインだって大変な失礼にあたってしまうこともあるのです。

【女子に聞いた!覚えておきたい海外のしぐさの意味1位「ピースサインはくたばれの意味(ギリシャ)」】

海外でとんだ恥をかかないためにも知っておきたいジェスチャー8つをご紹介しましょう。

1. 相手に手の甲を向けてピースサイン

日本人もよく使う指でVサインをつくっての“ピースサイン”ですが、手のひらの向きによっては侮辱的な行為になります。手の甲を相手に(手のひらは自分に)むけてこれをやると、中指をつき立ててているのと同じ意味に。ビールを2人分頼む時などにこれをやってしまうとウエイターを侮辱することになるのでご注意を。

使ってはダメな国:UK、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド

2. OKサイン

人指し指と親指で“O”を作るOKサイン。何気にやってしまいそうですが、国によっては性行為を意味したり、侮辱にあたります。フランスでは「ゼロ」、「価値なし」の意味にも。

使ってはダメな国:トルコ、ブラジル、ベネズエラ

3. 人指し指で呼ぶ

手のひらを上に向け人差し指だけクイクイっと動かすジェスチャーは、フィリピンでは犬を呼ぶしぐさのため人に使うのは非常に失礼。シンガポールでは「死」を意味します。

使ってはダメな国:フィリピン、シンガポール

4. ストップサイン

手を“パー”の状態で相手に向けるジェスチャーは。“ストップサイン”や数字の“5”を指しますが、ギリシャ人にこれをすると「お前はバカ」と言っていることになってしまいます。

使ってはダメな国:ギリシャ

5. 人差し指と中指をクロス

欧米では「幸運を願う」ジェスチャーですが、ベトナムでは女性のアソコを意味し、それを人に向かってすると侮辱にあたってしまいます。

使ってはダメな国:ベトナム

6. 人差し指と小指を立てる

一見、“ロックンロール!”とコンサートでやりそうなジェスチャーですが、これをイタリアや南米諸国でやると「お前の妻は浮気してる」との爆弾ジェスチャーとなってしまうのでご注意を。

使ってはダメな国:イタリア、スペイン、ポルトガル、ブラジル、コロンビア

7. 手のひらを向け、高く上げる

タクシーを呼ぶ時のように手を高く上げて呼ぶジェスチャーは、韓国では犬を呼ぶ時に使うもの。日本のように手のひらを縦に上下させ「おいで、おいで」する方が良い。

使ってはダメな国:韓国

8. 親指を立てて”イイね!”

フェイスブックでおなじみの“イイね”のサイン、またはヒッチハイクの時に使うジェスチャーですが、一部のイタリヤやアフガニスタンでは「バカやろう!」、「くたばれ!」など中指を立てるのと同じくらいの侮辱を意味します。

使ってはダメな国:イタリアの一部、ギリシャ、アフガニスタン、イラン

参考:9 innocent hand gestures you should never use abroad

https://sg.news.yahoo.com/photos/10-innocent-hand-gestures-you-should-never-use-abroad-1395772154-slideshow/

お役立ち情報[PR]