お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

相手の爪で見えてくるその人の心理とは?「黄色を選ぶ女性は楽しい雰囲気を求める」

ネイルアートが女性のファッションの一つとしてすっかり定着し、より人の目線を集める場所となっています。自分の爪を飾るのも良いですが、実は相手の心理を探るための大きな手がかりにもなることをご存じですか? 爪の色や形から、相手の心理状態を探るためのコツを紹介します!

【「ピンク系」愛用が6割! 働く女性に聞いた「オフィスでも使えると思うネイルカラー(ネイルアート)」ランキング】

■まずは色をチェック!

女性のネイルを観察するときに、まず目につきやすいのが「色」です。ドットや柄、グラデーションなど、模様も楽しめるネイルですが、まずは基本色として使われている色をチェックしましょう。黄色を選ぶ女性は「自由」で「楽しい」雰囲気を求めています。

また自己アピールの色としても知られているのがこの色。愛されたい気持ちが強いときにも、好まれる色だと言えるでしょう。赤色を選ぶ女性は「強い」「魅力的な」自分をアピールしています。自分に自信があることの表れだとも考えられます。

黒のネイルの女性がアピールしているのは「ミステリアス」で「知的」な自分です。赤とは逆に、自分に自信がなく、他人に嫉妬しやすい傾向があります。

■形をチェック!

つけ爪をしていない女性ならば、相手の心理を探るため、こっそりとその形を観察するのもオススメです。一般的に爪が大きい人は「大胆で社交的な性格」をしていると言われます。人の面倒を見ることをいとわず、さまざまなタイプの人と仲良くなれる可能性が高いです。

ただしプライドが高い一面も持っているので、接する際には注意しましょう。爪が小さい人は、「目立つことを苦手」と感じるタイプです。消極的ですが、実は高い能力を有していることも珍しくありません。こんな点を見つけ褒めると、より円滑なコミュニケーションができるでしょう。

また、縦長の爪をしている方はロマンチスト、横長の爪をしている方は理論的なタイプ、丸っこい形の爪の方は楽天的な平和主義者であることが多いと言われています。この他にも四角形の爪の人は真面目タイプ、三角形ならばデリケートで斬新なアイデアを有している人です。

相手の爪の形から、よりよいアプローチ法を探りましょう。

■健康状態からも……

また、爪先には、その人の健康状態も現れてしまいます。そこから心理状態を探るのも一つの方法です。きれいなピンク色の爪をしている人は、肉体的にも心理的にも安定していると言えます。爪に白い斑点やぼんやりとした曇りがある場合には、強いストレスにさらされていると考えられます。

パッと見ただけでは分かりづらいかもしれませんが、機会があればチェックしてみてください。

ファッションでネイルを楽しんでいる相手なら、その「色」から心理状態を探りましょう! ネイルをしていない相手なら、爪の形や状態を手掛かりにしてみてくださいね。同僚や友人、そして仕事相手の爪先に注目してみてください!

お役立ち情報[PR]