お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 生活

女子に聞く! ズバリ「結婚」と「出世」、女の勝ち組はどっち?

結婚しても仕事をバリバリこなして出世している女性が増えたとはいえ、やはり女性は「結婚」か「出世」かの選択を迫られることも多いもの。今回は働く女性に「結婚」と「出世」のどちらが女の勝ち組だと思うか聞いてみました。

Q.あなたは、女の勝ち組はどっちだと思いますか?

結婚……67.8%
出世……32.2%

6割以上の女性が「結婚」と回答する結果に。では早速、それぞれの意見を見ていきましょう。

■「結婚」派/古い考えを変えるのは難しいから

・「女性なら結婚、出産をして当たり前という考えはなくならないと思います」(31歳/ソフトウエア/事務系専門職)

・「独身だと売れ残り感があるから」(26歳/機械・精密機器/その他)

・「出世をしていても、結婚していないなら負け組に見られそう」(27歳/機械・精密機器/営業職)

結婚と出産が女性の幸せのような考え方が古いとは思っていても、周囲の目もあってなかなかその価値観を完全に変えてしまうことは難しいようです。

■「結婚」派/あこがれだから

・「自分の理想は温かい家庭が夢だから」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「結婚して幸せっていうのが理想だから。仕事はどうでもいい」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

・「結婚することで、家族という安心できる場所、宝物があり、それを守る強さも生まれる」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

子供のころの夢が「お嫁さん」だったタイプでしょうか。家庭を大事にするいい奥さんになりそうですね。

■「結婚」派/子どもが欲しいので

・「独身だと出産が遅れる」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「子どもを持てるのは幸せだと思う」(26歳/金融・証券/営業職)

結婚しなくても出産できるという女性もいますが、やはり結婚してから出産というのが一般的。子どもがほしい女性にとっては、仕事よりも結婚が重要のようです。

■「出世」派/社会に認められた結果だから

・「自分ひとりの力で勝ち得るものだから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「どちらかといったら出世した女性。収入があるし、全ての女性にできることではない」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

男性社会で能力を認められて出世する女性が少ないからこそ、勝ち組というイメージなのかもしれませんね。

■「出世」派/自由に暮らせるから

・「自分の人生がちゃんとあったほうがいい」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「今の時代、どっちとなったら、将来ひとりで暮らせるぐらい働ける人が勝ち組のような気がするから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分で道を切り開いて、自分の人生を謳歌できるから、という回答も。ひとりでいる分、時間やお金なども自由に使えるところも魅力ですよね。

勝ち組か負け組かを決めるのは、ほかの人ではなく自分自身。「結婚」を選んでも「出世」を選んでも、人の意見に左右されず自分自身の思った道を突き進める人が本当の勝ち組ですよね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にwebアンケート。有効回答数202件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]