お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

性病ってどんなものがある? 検査ってどんなことするの? 専門医に聞いてみた!

突然ですが、皆さんは「性病」にはどんなものがあるか知っていますか? 「HIV(エイズウイルス)」などは非常に有名ですが、他にはどんな性病があるのでしょうか? またそうした性病の検査は、どのようなことをするのでしょうか?

【キスマークで傷害罪!? カップルで知っておきたい「恋愛の法律知識」】

 東京・新橋にある性病科クリニック『あおぞらクリニック』の内田千秋院長に聞いてみました。

■男女ともに「クラミジア」に注意

――まず、性病にはどんな種類のものがあるのでしょうか?

内田院長 性病の種類ですが、

・HIV(エイズウイルス)
・B型、C型肝炎
・梅毒
・クラミジア
・淋病
・トリコモナス
・カンジダ
・ヘルペス

などが一般的な性病です。また、最近では「マイコプラズマ」や「ウレアプラズマ」という菌が原因の尿道炎も増えています。

――この中では、感染する患者さんが多いのはどの性病でしょうか?

内田院長 男女共に多いのは「クラミジア」です。男性だけの場合でもクラミジアが多いですね。女性だけの場合だと、クラミジア以外には「カンジダ」や「トリコモナス」などに感染する方が散見されます。

――これらの性病に感染するとどんな症状が出ますか?

内田院長 性器に違和感を感じるようになり、かゆみが生じます。また膿(うみ)が出たり、女性の場合はおりものが増えたりします。淋病などはかゆみだけでなく痛みも生じます。また、女性の場合はクラミジアに感染することで不妊症になることもあります。

――感染するとすぐに「あ、性病になった」と分かるものですか?

内田院長 自覚症状がないケースもあるので注意が必要です。

――可能性が少しでもあれば、検査に行くべきなのですね。

■検査は比較的簡単だが……

――性病の検査はどのようなことを行うのでしょうか?

内田院長 HIV、肝炎、梅毒の場合は血液検査を行います。検査キットがあるので、15分から30分ほどで結果が出ます。

――短時間で簡単に分かるものなんですね。それ以外はどんな検査をしますか?

内田院長 よくあるのがクラミジアの検査ですが、男性は尿検査を、女性は綿棒を使って分泌液を採取し、検査をします。また、淋病の場合は、男性でも綿棒を尿道に挿入して粘液を採取し、検査をすることがあります。

――綿棒を入れるわけですから、当然痛いのでしょうか?

内田院長 痛みには個人差がありますが、痛い人は痛いと思いますよ。

――尿道に突っ込んだ状態でグリッと綿棒を回したりしますか?

内田院長 多少は(笑)。

――なんだか股間が痛くなる話ですね……。他にはどんな検査をしますか?

内田院長 クラミジアや淋病は、性器だけでなく「喉」にも感染するので、喉粘膜の検査もします。

――なるほど。性器に異常がなくても、喉に異常がある場合も考えられるのですね。

内田院長 性器の症状が治まっても、喉が感染したままだと再発してしまう可能性があるので、検査をしておくといいですね。

――ちなみに、性病の検査費用というのはどれくらいなのでしょうか?

内田院長 クリニックによって費用は変わりますが、当クリニックでは1項目8,000円(税抜き)です。4項目以上の検査は1項目当たり5,000円(税抜き)で行っています。少し高いと思われるかもしれませんが、その場で診察結果をお出しすることができますし、何度も来院いただく必要がありません。

匿名検査にも対応していますよ。

■感染したらすぐにクリニックへ!

――性病を予防するにはどうすればいいのでしょうか?

内田院長 まずは「不特定多数の人と性交渉をしない」、そして「不特定多数の人と性交渉をしている人と性交渉をしない」ことですね。また、性交渉の際にはコンドームを着けること。100%防げるわけではありませんが、感染する可能性を減らすことが大事です。

そして、もし感染してしまった場合、感染したかもしれない場合は、すぐにクリニックに行くことです。恋人などパートナーがいる場合は同じタイミングで治療をすること。そうしないといつまでたってもお互い感染し合うだけです。

――女性の場合、大衆浴場などで感染する可能性もあると聞いたことがありますが、それはどうなのでしょうか?

内田院長 可能性は0ではありませんが、心配するほどではありません。

――男性で、性交渉後に排尿することで性病感染のリスクを減らすことができる、という話なんかもありますが……。

内田院長 それはほとんど意味がないと思います。

――なるほど。都市伝説のようなものなのですね。

性病の種類や検査方法を聞いてみましたが、男性の場合は検査で痛みを伴うケースもあるようです。痛い思いをしないように、普段から予防を心掛けたいですね……。

『あおぞらクリニック』HP
http://www.aozoracl.com

(貫井康徳@dcp)

お役立ち情報[PR]