お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 インテリア・雑貨

隣に引っ越してきてほしくない人1位「騒音がひどい」

新居を探すときには、間取りや設備だけでなく、隣にどんな人が住んでいるのかもチェックしたいもの。迷惑な人が住んでいたら、家に帰っても落ち着くことができません。今回は、隣に引っ越してきてほしくない人の特徴について、読者485名に聞きました。

【物が捨てられずため込んでしまい家中がゴミで埋もれる人は総人口の5%―アメリカ】

調査期間:2014/3/5~2014/3/13
有効回答数:男性180名、女性305名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

Q.隣に引っ越してきてほしくない人を教えてください(複数回答)
1位 騒音がひどい 73.0%
2位 ごみを放置する 47.0%
3位 ルールを守らない 42.3%
4位 ちょっとした物音でも文句をいう 40.0%
5位 ジロジロ見られる 29.9%

■騒音がひどい

・「アパートでギターを弾くな!!!!!」(35歳男性/機械・精密機器/販売職・サービス系)
・「現在の隣の住人が深夜に風呂カラオケをするなど本当にうるさいので」(24歳男性/食品・飲料)
・「昔一人暮らししていたときの上の部屋が暴走族の集会場だった」(38歳男性/自動車関連/事務系専門職)

■番外編:安心して暮らせない……

・ジロジロ見られる「殺されるのでは、と思う」(26歳女性/通信/販売職・サービス系)
・ごみを放置する「言いだし難いのがネック。こちらに実害もありそうで……」(34歳男性/金属・鉄鋼・化学)
・ちょっとした物音でも文句をいう「お互いさまという理屈がわからない人はどうしようもない」(26歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

1位は「騒音がひどい」でした。歌詞まで聞きとれるほどの爆音や、どんちゃん騒ぎが聞こえてくると、ゆっくり休むことができません。だからといって、ちょっとした物音にもクレームをつけられては困ります。とくに集合住宅の場合は、自分だけが暮らしているのではないことを忘れないようにしたいですね。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]