お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

お酒を飲むと自分のユーモアが増すと感じる!(でも思ってるのは自分だけ)―米調査

飲み会の予定がある人は、お出かけの前にちょっとこちら一読を。米コロラド大学ボールダー校の心理学教授ピーター・マクグロウ氏とジャーナリストのジョエル・ターナー氏が行った実験によると、飲酒中は自分がより面白くなっている、ユーモアが増すと思う傾向があるのだそう。

【やめてほしい!飲み会での三大NG話題「下ネタ」「お金」あと一つは?】

ただ気をつけて。面白くなったと思っているのは「自分だけ」なのだとか。

マクグロウ氏は「面白い人がお酒を飲むともっと面白くなるのか知りたいと思った」と説明。両氏は、米広告代理店グレイ・グループの(ユーモアたっぷりの広告などで受賞もしている)クリエイティブ・チームの12人の協力のもと実験を行いました。

実験はニューヨーク市内のバー・ラウンジで行われ、クリエイティブ・チームの参加者はがジョークを考えて話しては1杯飲む、という流れで実施。

1ラウンド終わるごとに、参加者に自分の酔っ払い度を「しらふ」から「超ベロベロ」まで、自分の冗談に対しても「そこそこ面白い」から「爆笑もの」まで格付けしてもらいました。

こうした上で、集まったジョークは、後にインターネット上にアップし評価メンバーに評価してもらったそう。

そうしたところ、参加者たちほぼ全員が、飲みが進むにつれて自分のギャグをより「面白い」と評価していった一方で、しらふである評価メンバーたちは、2~3杯飲みリラックスしたあたりの時点のジョークが「最も面白い」と評価しました。

一方、さらにお酒が進み、参加者たちの判断能力が落ちてきた後(参加者たち自信はさらに面白くなっていると感じていたものの)のジョークは、評価者たちによると「あまり面白くなくなった」ほか、「不愉快」とすら思われるものも目立ったとのこと!

マクグロウ教授は、興味深い結果ながら「専門誌に掲載できるような実験ではない」としていますが、これまでの合コンや飲み会での経験から、うなずける部分も多いのでは?まずは飲み過ぎないことを心がけるのが一番でしょうか?

参考:
Does drinking really make you funnier? YES, says small study, but only when you are the judge
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2588070/Does-drinking-really-make-funnier-YES-says-small-study-judge.html

お役立ち情報[PR]