お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

7日間で職場でよい人間関係をつくる方法

ワークライフを充実させるには、同僚との良い関係維持が不可欠です。それにはあなたが”よき同僚”である必要があります。どうしたらそんな”よき同僚”になれるのか、7日間トレーニングをご紹介しましょう。

【身に覚えがある?浮気や不倫のほとんどは職場から始まる―研究結果】

●月曜日 - 道徳的、外交的な行動を心がけよう
サボタージュではなく、お互いサポートできる環境をつくる、嫉妬心より寛容さ、非難より協調を優先する。率直に意見を述べることは大切ですが、爆弾発言的な言い方は避けるべき。

●火曜日 - “大人”になろう
私生活や自身について口にしなくとも、そのゴタゴタは仕事場に現れるもの。どこの会社でも不安定さ、恐怖、劣等感とうまく付き合えない人ほど陰口などでイジメに走ったり、威張りちらす人ものです。同僚に私生活の行動パターンをまき散らさないこと。

●水曜日 - 競争ではなく協調性
競争心ばかり燃やすのではなく、共通の目的に向かって協力する姿勢を優先させて。チームワークも個人の目標を達成させる大事な要素であることを理解しておこう。

●木曜日 - 人との違いを尊重する
誰もがあなたのやり方に従う必要なありません。人の仕事のやり方にイラっときたときこそあなたのコミュニケーション力の見せどころ。顔をつぶすのではなく、人のやり方に付き添うつもりで、質問をはさんだり、的確なアドバイスをはさむようにしてみよう。

●金曜日 - なりたい自分になる
どのように自分を会社に貢献させたいのかビジョンを持とう。ゴシップや社内政治に首を突っ込むとあなたの信頼に傷がつくでしょう。

●土曜日 - 感謝とほめ言葉を贈ろう
それぞれが自分の能力を伸ばせる環境が良い職場づくりには欠かせません。同僚の得意とする分野や普段の仕事ぶりなどを言葉に出して伝えることは、モチベーションアップにつながります。

●日曜日 - 楽しむためには自ら動く
行って帰るだけの仕事だけの生活では楽しくありません。職場を楽しくするようなユーモアや時にはおふざけも大事。

いかがでしたか? 1日の大半を過ごす仕事場だからこそ努力をしてみる価値はありそうですね。

参考:Be a good work colleague in seven days
http://www.bodyandsoul.com.au/sex+relationships/wellbeing/be+a+good+work+colleague+in+seven+days,13671

お役立ち情報[PR]