お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

メールに書かれていたら笑ってしまいそうになる誤変換1位『「扶養親族」と「不要親族」』

誤変換は、パソコンでも携帯電話でもよくあること。変換選択のトップに来た言葉を見て、思わず笑ってしまうことはありませんか? うっかり見落としてしまうと恥をかいてしまいます。今回は、そんなおもしろい誤変換を読者442名に聞きました。

【今の今まで勘違いしていた変換(タイピング)ミス1位「×掻き入れ時 ○書き入れ時」】

Q.メールに書かれていたら笑ってしまいそうになる誤変換を教えてください(複数回答)
1位 「扶養親族」と「不要親族」 26.2%
2位 「間に合いますか?」と「マニアいますか?」 19.9%
3位 「父さん」と「倒産」 16.5%
4位 「届出書」と「届けでしょ」 14.7%
5位 「帰る途中」と「蛙とチュウ」 13.6%

■「扶養親族」と「不要親族」

・「笑いそうになるし不謹慎だし……。避けて欲しい誤変換です」(34歳男性/金属・鉄鋼・化学)
・「クスッと笑った」(35歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「学生時代、母からのメールに書いてあった。自活しろと催促されてると思った」(31歳男性/情報・IT/技術職)

■「間に合いますか?」と「マニアいますか?」

・「文章として繋がりそう。そのまま送ってしまうかも」(39歳男性/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・「友達からのメールがそうだった」(23歳女性/医療・福祉)
・「意味はわかるけど全然違って面白い」(28歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)

■「父さん」と「倒産」

・「時々変換ででてきてひとりで笑っている」(30歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「シャレにならない人もいる」(59歳男性/金融・証券)
・「真面目なメールにあったら笑ってしまいます」(34歳男性/ソフトウェア/技術職)

■「届出書」と「届けでしょ」

・「今でしょ! みたいな? (笑)」(37歳女性/電機/技術職)
・「かわいい間違えなので」(28歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「よくありそう」(31歳男性/金融・証券/事務系専門職)

■「帰る途中」と「蛙とチュウ」

・「ほほえましいです」(48歳男性/医薬品・化粧品/専門職)
・「自分も送ってしまったことがある」(31歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「チュウしたくない」(22歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

■番外編:リアルに驚く!

・「親権で争う」と「真剣で争う」「かなり修羅場な感じがするから」(33歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「訂正」と「帝政」「一気に偉そうになったなぁと面白かった」(26歳女性/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「サンシャイン」と「酸社員」「溶けてるとかそんな感じだろうか」(27歳男性/マスコミ・広告)

●総評
1位は『「扶養親族」と「不要親族」』でした。実際に親から送られてきた、というコメントも。扶養される身としては、かなりツライ言葉ですね。なんとか送信前に気が付いてほしいものです。

2位は『「間に合いますか?」と「マニアいますか?」』でした。もし送られてきても、「なぜ知っているの?」と慌てて返信するのは踏みとどまりましょう。相手が取引先だとしたら、しばらく会ってくれないかもしれません。

3位は、『「父さん」と「倒産」』がランクイン。これは今のご時世、「シャレにならない」というコメントを多数いただきました。金の切れ目は縁の切れ目とばかりに、帰宅したら一家離散していた、ということになっては困ります。

送信前のチェックをお忘れなく。

4位『「届出書」と「届けでしょ」』はカワイイ誤変換ですね。送信元が男性だったら少し不気味かも。5位は『「帰る途中」と「蛙とチュウ」』。ふざけていると思いきや、変換ソフトによっては誤変換する可能性アリ。携帯電話では可能性が少ないようです。

番外編では恐ろしい想像をかき立てる誤変換をピックアップ。『「親権で争う」と「真剣で争う」』は、いきなり江戸時代にタイムスリップした感じですね。どちらも修羅場には変わりませんが……。

(文・OFFICE-SANGA 秋田茂人)

調査時期:2014年3月8日~2014年3月13日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性167名、女性275名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]