お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

長期にわたる幸せの90%は、自分で変えられる―幸福に関する秘密6つ

美味しいチョコレートを食べたとき、洗い立ての真っ白なシーツに変えたベッドに転がり込むとき、ちょっと嬉しくってハッピーな気分になりますよね。でも、幸福感にはどうやって達成するの?なんて思うと、ちょっと考え込んでしまいます。

【恋愛心理学講座 第49回「ハッピーカラーをおしえて!」】

幸福に関する様々な本を書いているショーン・エーカー氏の調査から幸福感にまつわる秘訣を紹介します。

性格的な傾向を改善:学校で語学を学べるように、楽観的な思考や幸福感は、自分に教えることが可能。持って生まれた性質が暗い人は、明るく悩まないように変えていくと良いそうです。

■まわりの環境を変えるのではなく、自分の受け止め方を変える

長期にわたる幸福感の10%は外因的な環境から、90%は自分がどうやって脳をコントロールするかによります。つまり受け止め方と考え方次第です。

■お金は賢く使う

困っている人への寄付・母親に花を買う・仲良しの友達と集まって楽しむなどにお金を使う方が、自分のためにブランドの靴やバックを買うより、幸福感のレベルが高いようです。

■ポジティブ思考の方が頭脳は良く働く

学校・職場・家庭など、幸せな人ほど良い成績や仕事のはかどりが違います。これは幸福感の成せる業ということを覚えておいてください。

■ネガティブ思考もポジティブ思考も伝染する

根が暗い人といっしょにいると、なんと自分まで暗くなります。だからと言って暗い友達といるのをやめなくても良いのです。大切なのは会話です。自分が明るくポジティブな言葉を発せればまわりも変ります。

■運動は幸福感の薬

週数回、30分の有酸素運動を6ヶ月つづけると抗鬱剤を飲んでいるのと同じ効果があります。

■たまにはネガティブになってもOK

いつも明るくハッピーに振舞おうとすれば、それがストレスを招きます。たとえ落ち込んでも、自分で理由を探し出し改善していけば良いだけです。

幸福感は、自分の心の持ちようと考え方しだいで手に入れることができます。そんなに難しいものではないようですね。

参考: 12 myths about happiness debunked
http://au.lifestyle.yahoo.com/womens-health/life-features/galleries/photo/-/21867875/12-myths-about-happiness-debunked/21867876/

お役立ち情報[PR]