お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女って怖い!? 男性が女性グループを恐怖を感じる瞬間「他人の悪口」「過度な下ネタ」

女性のひそひそ話女同士は気軽で楽しい面も多いのですが、つい気が抜けてしまって周囲からは「怖い」と感じられる言動をしてしまうことも多いようです。そんな場面を彼や意中の男性に見られてしまったら、百年の恋も冷められてしまうかも!? そうならないためにも、男性から見て「怖いと感じる女性グループの行動」をチェックしておきましょう。

■表と裏がありすぎ!

・「ひそひそと笑いながら噂話をしているのを見たときに怖いと感じた」(30歳/情報・IT/技術職)
・「すぐに群れて、特定の人を嫌いになったり、陰口がすさまじくなったりするところ」
(31歳/小売店/事務系専門職)
・「平気で身内の陰口を言うところ」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

まず、「どんなときに女性グループを怖いと感じるか?」と質問をしたところ、圧倒的多数だったのが「悪口」、「陰口」に関するもの。特に特定の人への悪口はいじめにつながることもあり、嫌悪感を抱く男性が多いようです。

女性にとっても嫌な行為ですが、リーダー格の人に逆らえずにうなずいてしまうこともありますよね。そんな集団の中にいると、「同類」と見られてしまうこともあるので注意したいところ。多少のうわさ話は女性の息抜きのひとつですが、あまり陰湿なものは避けるよう、日ごろから友だち選びには気を付けたいものです。

続いて、彼女が女同士でいるときにしてほしくない行動についてアンケートしました。

■悪口を言うような女にならないで!

・「他人の悪口」(30歳/商社・卸/営業職)
・「集団で誰かをいじめる」(31歳/情報・IT/技術職)
・「私のグチを言わないでほしい」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

当然、悪口は言わないでほしいという声が多数。そんなときの顔は、目が怖かったり、口元がいやらしい感じにゆがんだりと、いい状態ではありません。せっかくメイクに気を使っても、そんな姿を見られたら台なしです。どこに目があるかわかりませんから、気を付けたほうがいいでしょう。

■下ネタや大声はやめて!

・「過度の下ネタを話す」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「下ネタで大声で笑う」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「電車内での大きな声の会話」(30歳/情報・IT/技術職)

次に多かった意見が「下ネタ」。ただし、すべてダメというわけではないようです。周囲がひくような大声で話したり、下品に笑ったりするなど、話すときの態度に気を付けてほしいということではないでしょうか?

■女同士だからって気を抜きすぎ!

・「顔を真っ赤にして酒を飲むこと」(29歳/商社・卸/事務系専門職)
・「人前で化粧」(28歳/金融・証券/営業職)

多少は女だって気を許す時間がほしいもの。お酒くらいは多めに見てほしい気もしますが、真っ赤な顔をして唾を飛ばしながら話すなどの行為はご注意を。人前の化粧などの最低限のマナーすら守れないのはNG! いつでも控えたいところです。

今回の調査でわかったことは、男性は女性グループのおしゃべりしている内容や声のトーンが、意外と気になっているということ。盛りあがってしまうと周囲が見えなくなる経験は誰にでもあるのではないでしょうか? そんなときにもちゃんと「周囲の目がある」ことを意識すれば、彼にも「女って怖い!」と思われずに済むかもしれませんね。

※『マイナビウーマン』調べ。2014年3月にWebアンケート。有効回答数 男性129件。

(OFFICE-SANGA 平メイ子)

お役立ち情報[PR]