お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

実は男子がうんざりしている、彼女との会話「同じことを何度も言う」「痩せたい痩せたい」

男性が実はうんざりする会話デートのときには、会うまでに起こったことなど、いろんなことを話したいですよね。それなのに、面倒くさそうに聞いている彼にがっかりしたことはありませんか? 女性特有のノリは男性には受け付けられないことがあり、彼は疲れているのかも。今回は、彼女との会話でうんざりしてしまう内容について、男性に調査しました。

■女子特有の3大NGトーク

・「給料に関する内容の会話。いくら話しても給料が増える訳ではないから」(30歳/情報・IT/技術職)
・「起承転結のない話。真剣に聞くほど疲れる」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)
・「同じことを何度も言うこと。しつこいと思うから」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

お金の話は恋人同士であってもタブー。また、「オチがない」「同じことが繰り返される」会話にうんざりしている男性は多いようです。

■何がしたいのかわからない

・「もっと別のところに連れてってと言っておいて、連れていけば『もう帰ろう』という」(34歳/その他)
・「ご飯をどこにするかを話しているときに、ラーメン啜れないから無理とか、ナイフフォークの使い方へただから無理とか、そういう何もできないアピール」(28歳/情報・IT/技術職)
・「結論がよくわからず、で? と聞き返したくなる、とりとめのない話」(29歳/建設・土木/技術職)

求めるだけで不満を述べたら、彼の心が離れていきそう。彼におねだりしたいのなら、具体的に話したほうがいいかもしれませんね。

■ネガティブな話は聞きたくない!

・「仕事の愚痴。聞いていて楽しくないで」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「友人の悪口、嫌な気分になる」(25歳/農林・水産/技術職)
・「愚痴全般。聞き流すにしても長い」(30歳/商社・卸/営業職)
・「職場の愚痴。同じことを何度も何度もと。辞めればよいのにと思う」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)
・「彼女の友だちの悪口。会話を聞いていると彼女のワガママのほうが多いと感じるから」(30歳/食品・飲料/技術職)

せっかく楽しい時間を過ごそうと思っているのに、愚痴や悪口ばかり聞かされるのは女性だってイヤなはず。たまにはいいかもしれないけれど、毎回では耳をふさぎたくなるでしょう。

■勘違いしていませんか?

・「痩せたい痩せたいというが、がりがりはそんなにかわいくない」(31歳/金融・証券/専門職)
・「自分の価値観を押し付けるのは疲れる」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「とにかく自分に自信がないことを話される。何度も同じフォローをしなくてはならない」(32歳/医薬品・化粧品/技術職)

価値観の押しつけもお断りしたいところ。つねにフォローしなくてはならない心中をお察しします……。

「女の話にはオチがない」といわれるように、男性は何が言いたいのかわからない会話が苦手なよう。女子会ではそれぞれ好き勝手に話していても盛り上がるけれど、彼はどう反応していいのか困っているのかもしれませんね。わかりやすく話すだけでも、彼のうんざりしている顔を見なくて済みそうです。

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数 男性129件。

(OFFICE-SANGA 藤井蒼)

お役立ち情報[PR]