お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

嘘の見抜き方とは?「腕や足を組んでいるのは拒否のサイン」

心理学者や尋問者は嘘を見抜くために、話手が話している内容よりも、その人の目やしぐさ、ジェスチャーなどで嘘を見抜くようです。

【好きな人との会話で使うとOKな「さしすせその法則」&会話でNGな「たちつてとの法則」】

●アイコンタクト:会話の最中のほとんどのあいだ中、普通ならきちんとアイコンタクトをとるのが嘘をついてない証しです。逆にアイコンタクトが少ないとあなた以外の何かに興味があり、嘘をついている場合などもあなたを見る事を避けるか、凝視してきます。

●注意力:あなたと話したいならほとんどの会話の最中、他の事に気を取られる事はありません。しかし、不安な人や緊張している人は何か他の事に注意を向けようとします。そして例えば洋服の毛玉をとり始めたり髪の毛をいじり始めたり、貧乏揺すりしたり携帯をチェックしたりし始めます。

●表情:話をするときは話の内容と表情が一致するのが普通です。普通、話の時々で笑ったりため息をついたりする行動がみられます。一方であなたの事に興味がない人は丁寧すぎたり嘘っぽい反応を示します。例えば笑ってるのに目が笑ってなかったり、変なタイミングで笑ったりします。

●姿勢:あなたとの会話に集中している場合、相手は顔をまっすぐ見て、まっすぐ座り、時にはあなたとの距離を近くしようと努めます。反対に前かがみになったりどこか体が横を向いていたりする場合、会話が面白くないと感じていて、話すのを拒否しようとしているサインです。腕や足を組んでいるのも同じサインです。一種のバリアを張っているサインと考えていいでしょう。

次は言葉から分かる嘘の見抜き方です。

「忘れる前に言っておくけど」―これから彼があなたに伝えようとする内容があなたにショックを与えたり、起こらせてしまう可能性があるため、内容を和らげるために使います。

「正直に言うと」―この言葉を言うまでは彼は正直ではなかったようですが、これから言う事は真実でしょう。

「傷つけるつもりはないけど」ーこれから言う事があなたを傷つけてしまうため彼の責任を軽減するために使います。

いかがでしたか。誰かと会話するときに、これらを意識してこれらの事を確認してみてください。

参考:How to spot a liar
http://www.cosmopolitan.com.au/relationships/relationship-advice/2014/3/how-to-spot-a-liar/

お役立ち情報[PR]