お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

21世紀は宇宙の時代になる!「50年以内に人は月に住む」―ホーキング博士

「車椅子の物理学者」として知られる、イギリスの著名な物理学者スティーブン・ホーキング博士はご存知でしょうか?そんな博士が週末にイギリスで放映された生放送番組「スペース・プログラム」に出演して述べたところによると、なんと人間は50年以内に月に住むようになると予測しているとのこと!

【宇宙旅行実現の日が近づいた! 宇宙旅客機のテスト飛行に成功 英ヴァージン社】

博士は、「われわれの星は(新大陸を見つける前の)旧世界のようなものだ。かつてない人口増問題を抱える一方で、資源は限られている。これらの脅威を考慮し、次の手段を考えるべきだ」と述べ、宇宙へ進出し、未開の土地を探すことが不可避になると話しています。

2100年までには火星にも人間が住んでいるだろう、とも。また、このまま宇宙への道を模索していけば、今世紀が「人類の歴史の中で真の宇宙の世紀となる」との見解を示しています。

番組中では、こうした博士のコメントに加え、国際宇宙{こくさい うちゅう}ステーション(ISS)からの中継も入り、若田光一さんなどをはじめとする宇宙飛行士たちからのライブ中継も。ISSは、太陽と月に次いで地球上から見える3番目に明るい物体だそうです。

私たちが空を見上げると宇宙で活躍する宇宙飛行士たちを乗せた衛星を見ることができるんですね。

私たちが月に旅する日は、もしかしたら予想以上に近い将来なのかもしれません。

参考:
‘In 50 years we’ll be living on the moon, and be on our way to Mars’: Stephen Hawking claims this century will be a ‘true space age’
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2582588/In-50-years-living-moon-way-Mars-Stephen-Hawking-claims-century-true-space-age.html

お役立ち情報[PR]