お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

競走馬並みの速さで飛ぶこともできる―てんとう虫の意外な実力

赤字に黒の水玉模様のかわいらしいてんとう虫、欧米ではレディ・バグと呼ばれ、幸運を運ぶ虫として親しまれています。そんなてんとう虫、実は結構なパワーの持ち主で、競走馬と同じスピードで飛ぶことだってできるんです!かわいい虫のちょっと意外な実力をご紹介!

【たかが蚊、されど蚊、伝染病を媒介するキケンな虫「ヒトスジシマカ」を知っている?】

イギリスのハル大学が今回、農学研究機関ローサムステッド研究所のモニター装置によるデータを使用して、てんとう虫についての調査を実施。てんとう虫の飛行能力に関する調査はこれまでに無い初の試みで、イギリスで最も多い種である「ナナホシテントウ」と「ナミテントウ」を対象に行われました。

これによると、小指の先よりも小さなこの虫、ほとんどは約150~500メートル上空を飛んでいたものの、中には1キロメートル上空まで上ったものもあったとか。また、平均的な飛行速度は時速30キロ程度ながら、一部では時速60キロもの速さで飛んでいるものが観測されたとのこと。

研究に携わったハル大学のローリ・ローソン・ハンドリー博士は「観察中、彼らの動きについていくのは殆ど不可能な状態でした。とても活発で驚くほどす速く動き、飛行に適した体で早く飛ぶことができる」と話しています。

また、平均37分としながらも最長2時間空中で飛び続けたものも居たそう。

外でふと見かけるてんとう虫、もしかしたらとても遠いところから旅をしてきた子かもしれませんね。

参考:
Ladybirds can fly 74 miles in one go: Research shows insects can also travel as fast as racehorse and fly at height of 3,600ft
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2582385/Ladybirds-fly-74-miles-one-Research-shows-insects-travel-fast-racehorse-fly-height-3-600ft.html

お役立ち情報[PR]