お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

副流煙よりも怖い「三次喫煙」―部屋の壁や家具のタバコのヤニ、特に子供には大きな健康リスクが!

タバコの害、喫煙者だけでなくその周りの人も副流煙によって健康被害の可能性があることはご存じですよね?その副流煙の中には実に4000種類もの化合物が含まれており、室内で喫煙した際にはタバコの火を消した後もしばらくの間空気中に漂っています。

【女子に聞いた! 「男性と付き合うとき、彼が喫煙者か気にする?」】

こうした物質が室内のオゾンや亜硝酸などの汚染物質と反応し、発がん性物質を含む新たな化合物を生み出します。そうした物質に接触することを「三次喫煙」と呼びます。

米エネルギー省管轄のローレンス・バークレー国立研究所のボー・ハン博士によると、こうした「三次喫煙」の物質の中には、人間のDNAに付着して細胞の異常な成長を促し、がん細胞の形成につながるものや、遺伝子変異を引き起こすものがあるとのこと。

こうした物質は室内の至るところに付着するため、特に子供のおもちゃなど、子供が触ったり口に入れたりするものについた場合、成長段階にある体にとっての影響は大きい、としています。

こうした「三次喫煙」を防ぐためには、ソファやカーペットを取り換えたり、壁を塗り替えたりすることが最善であるものの、やはりそうした家具の交換やリフォームはお金がかかること。ハン氏は、そうした家具に掃除機をかけたり、カーテンやベッドカバーなら布地を洗うことでも軽減される、と説明しています。

カーテンや壁紙などについたヤニ、見た目が汚いだけでなく体にもこんなに有害なものなんです。禁煙することが一番ですが、吸うのであれば自分のためにも家族のためにも、室内での喫煙はやめましょう!

参考:
Third hand smoke – the sticky brown residue on smokers’ walls and furniture – could be even MORE dangerous for children than passive smoking, warn experts
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2582248/Third-hand-smoke-sticky-brown-residue-smokers-walls-furniture-MORE-dangerous-children-passive-smoking-warn-experts.html

お役立ち情報[PR]