お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

面接のときについた「ウソ」―全国転勤可と言ったが、本当は関東圏から出たくない(26歳/女性)

あなたは、面接で「ウソ」をついたことがありますか? 就職・転職活動では、自分を少しでもよく見せるために、つい「ウソ」をついてしまいがち。そこで、今回は読者512人に、「面接でついてしまったウソ」について聞いてみました。

【いよいよ決戦!「採用したい」と思わせる面接のポイントはコレ】

調査期間: 2014/3/15~2014/3/20
有効回答数:512件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

・「交際している人は?」と聞かれて、いるのにいないと言った(34歳/女性/ソフトウェア)
いないと答えたほうが良い雰囲気だったんでしょうね。それにしても、恋人の有無って採用に関係あるのでしょうか……。

・特技で楽器ができると言った。どうせその場で実演できないし(31歳/女性/小売店)
その場に楽器が用意されている面接ってあまりないですからね。

・誰とでもすぐに打ち解けられると言ったが実は少し人見知り (25歳/男性/農林・水産)
こういうウソをついたことがあると答えた人が、ほかにも多くいました。明るい性格のほうが採用されやすいと思って、ついウソをついてしまうんですよね。

・全国転勤可と言ったが、本当は関東圏から出たくない(26歳/女性/自動車関連)
いざ採用されて転勤することになったら、困りますね。

・実家暮らしではないのに実家暮らしと言った(31歳/女性/生保・損保)
「実家暮らし」なのに「一人暮らし」と答える人はよくいるようですが、逆のパターンもあるんですね。実家暮らしか一人暮らしかも、採用に関係してくるのでしょうか。

・結婚してからも仕事を続けるかまだ決めてないのに、絶対続けると言ってしまった(22歳/女性)
先のことはわからないですもんね。

・通勤時間が本当は1時間かかるのに40分でいけると言ってしまった(27歳/男性/建設・土木)
通勤時間があまりにも長いと、良くないイメージがつくのではないかと不安になります。

・朝早いのは苦手だが、全然平気と言ってしまった(26歳/女性/ホテル・旅行・アミューズメント)
どれくらい早いのでしょうか……。毎朝始発とかだったら、つらいですね。

いかがでしたか。同じような「ウソ」をついてしまった経験はありますか?
面接では採用されたい気持ちが強く、つい「ウソ」をついてしまいがちですが、入社後のことを考えるとなるべく正直に答えたほうがいいかもしれませんね。

(文/こうのゆみこ)

お役立ち情報[PR]