お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

ちょっと気持ち悪い気がするけどすごい治療!健康な○○○を移植して病を治すことに成功!

聞いただけでは普通ひいてしまいますよね。でも健康な人の便を消化器官に入れ込むことで、大腸炎など、治らないとされていた病気をも治せるようになりました。

【夏カゼ!薬いらず、家でできる治療法「温めたビール」「玉ねぎ水」……「キス」!?】

消化器官センターのトム ボロディー医師は25年もの間この治療法を研究してきました。そしてついにいわゆる便の微生物を移植する事で大腸炎、自律神経系疾患、神経疾患の治療が成功しました。この治療法の要は人間の消化器官に住むバクテリアを操作する事です。

人の遺伝子は310万個あると言われていますが、これらの大量の遺伝子は私たちの大腸に住んでいます。

この新しい治療法、専門家の中には危険なのではと懸念する人もおり、シドニーとメルボルンのセントビンセント病院ではこの治療法の有効性について臨床実験を行っている最中です。

しかし上記のボロディー医師は既に腸にドナーの便を注入する治療を実践しています。

そして私たちの体内に住むバクテリアは活発な抗微生物分子を製造する事を知っています。そこで新しいバクテリアを注入する事で抗生物質の工場を作り、特定不可能な有害微生物を除去してくれるのがこの治療法だ、と同医師は話します。

このボロディー医師に反し、オーストラリア胃腸学会のケイティー・エラード医師はこの治療法の成功を素直に喜ぶ事は出来ないと話します。それはある種の胃腸の病気はいったん良くなったと思ったらまた悪くなったりを繰り返す事があるからです、と言います。

この治療法の潜在する欠点や本当に全ての症状に有効なのかという事がまだ分からないためこの治療法を一斉導入するにはまだ早すぎる、と考えているようです。

ボローディーイ医師はこの治療法でリューマチやパーキンソン病患者も治した、と主張します。彼は腸は全ての毒素の入り口であり、これによりあらゆる病気は引き起こされると考えています。

まだ完全導入には早期すぎるかもしれないこの治療法ですが、非常に斬新な治療法である事は間違いないようですね。

参考:Sydney doctor using poo transplants to cure ‘incurable’ diseases
http://health.ninemsn.com.au/healthnews/8816474/sydney-doctor-using-poo-transplants-to-cure-incurable-diseases

お役立ち情報[PR]