お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

東京に雪が降ったときあるある「ノーマルタイヤで挑戦する人が多過ぎ」「食料を買いに行くも売り切れている」

今年は例年以上に都心部に雪が降り積もりました。交通機関のトラブルも多く、仕事に支障が出たという人も多かったでしょう。今回は、こうした東京の都心部に雪が降った際に「よくあること」や、雪の対策での「あるある」となることをまとめました。

【クルマを購入するときには何重視?1位「価格」2位「外装」3位「燃費」】

■東京に雪が降るとよく見る光景たち……

●雪が降ってもかたくなに長靴を履こうとしない。(29歳/男性)

なぜかみんな、濡れやすく、滑りやすそうな靴のままですよね。

●駅のホームにも横殴りの雪が吹き込むのでホームに人がいない。(33歳/女性)

電車が来るまでは待合室などで待機です!

●山手線以外の路線は止まり、頼みの山手線も大幅に遅れる。(25歳/男性)

雪が降ると、交通機関はどこも大ダメージを受けます。

●山手線のターミナル駅は電車の遅れの影響で人の数が恐ろしいことになっている。(26歳/女性)

新宿駅など、ものすごいですよね。

●電車が来ないホームで会社に電話する人の多さがすごい。(25歳/女性)

遅刻の連絡をする人でいっぱいです。

●まだ行けるだろうとノーマルタイヤで挑戦する人が多過ぎ。(36歳/男性)

あちこちでキュルキュル滑っています……。

●新橋駅前のリポーターの大げさっぷりがすごい。(29歳/女性)

東京に住んでいる人間からするとすごいことですが、雪が降る地方からすると「ふーん」ですからね(笑)。

●わざわざ凍っている所を歩き、滑る。(33歳/男性)

雪がない所は凍っていたりしますから、気を付けないといけません。

■せっかく備えたのに……雪への対策のあるあるたち

●大雪に懲りてスタッドレスなどを買うも、その後は全く雪が降らない。(29歳/男性)

雪用グッズを買ったはいいものの、未使用のまま春を迎えたりします。

●ホースでお湯をまいて溶かそうとするもなかなか溶けない。(26歳/男性)

凍っちゃいますし、地道に雪かきするのが一番ですね。

●「暖かそう」というだけでモコモコの手袋を使い、すぐに雪で覆われる。(36歳/女性)

モコモコのマフラーなども雪がくっついてしまいますからね。

●雪の重さを侮り、雪かきスコップの柄が折れてしまう。(30歳/男性)

雪かきもやり慣れていないとスムーズにできません。

●雪が積もると聞き、食料を買い込みに行くもすでに大半が売り切れている。(35歳/男性)

みんな考えていることは一緒です(笑)。

●対策しても降らず、忘れたころにまた大雪が降る。そしてまた対策をして……のループになる。(28歳/男性)

そのループが一番悲しい……。

■まとめ

さすがにこれからの季節はもう東京に雪が降ることはないと思いますが、また冬のシーズンに痛い目に遭わないよう、少しでも対策をしておくといいかもしれませんね。

(貫井康徳@dcp)

お役立ち情報[PR]