お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 不調

猫背を治すには背スジを伸ばすのは間違い!正しい猫背の治し方

「猫背を治したい!」と思ったら、まず何をしますか? 背スジをピンと伸ばして、背中の丸みを無くすかのような姿勢をとり、「良い姿勢になるように意識していれば猫背は治っていく」と思ってはいないでしょうか? 確かに「背スジを伸ばす」意識は大切かもしれません。

【目のトラブルを何とかするには?「目を閉じる」】

ですが、「背スジを伸ばす」意識をしても、気付けばまたもや猫背になっている、という人が多いと思います。

そうです、頑張って背スジを伸ばしてみても猫背はなかなか治りません。猫背の人は、背スジを伸ばすこと自体に無理がある状態であるため、背スジを伸ばしてみたところで、すぐに疲れてしまい、猫背に戻ってしまうのです。

猫背を治すために重要なのは、背骨の土台である骨盤の傾きです。体幹を反らせる働きと曲げる働きをする筋肉のバランスがうまくとれていることが大切です。さらに言うと、それらのバランスがうまくとれるためには、股関節を動かす筋肉(脚を後方や前方へ動かす働きなど)が、しっかりと働いていなければ、骨盤は猫背をつくりやすい状態に傾いてしまう可能性があります。

多くの猫背の人は、股関節を動かす筋肉の中でもお尻の筋肉の働きが悪くなっていたり、運動不足でお尻の筋力が低下していたりします。猫背を治したい人は、背スジを伸ばす意識をする前に、お尻の筋肉をストレッチしたりほぐしたりして、まずは血流改善をはかりましょう。

そして、筋力アップのためにお尻の筋肉を鍛えましょう。片足で立ち、もう一方の脚を付け根から横や後方へ持ち上げるだけでも、筋力アップになります。すると、姿勢を支える他の筋肉へも良い影響を与え、骨盤も安定し背スジが楽に伸びて猫背を治しやすくします。

(文/檜垣 暁子)

■著者プロフィール

檜垣 暁子(ひがき あきこ)。オールアバウト 肩こり・腰痛ガイド http://allabout.co.jp/gm/gp/51/ カイロプラクティック理学士・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員。現在は、横浜市に治療室を開院し、日々、肩こりや腰痛を始めとする不調を訴える患者さんの診療に当たっている。

お役立ち情報[PR]