お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

あなたは横向き寝・仰向き寝? 寝る姿勢で睡眠の満足度が異なることが判明

睡眠満足層 VS 睡眠不満層 億万長者の割合は睡眠満足層が2.5倍!

オークローンマーケティングは、1月24日~26日にかけて、日本全国の20歳~79歳の男女を対象に「睡眠に関するアンケート」を実施した。有効回答数は1,036サンプル。

【睡眠満足層 VS 睡眠不満層 億万長者の割合は睡眠満足層が2.5倍!】

●20~30代女性は7割が横向きで寝ている

まず、寝ているとき、体の向きはどのようになっているか尋ねたところ、「仰向き」が56.1%、「横向き」が50.2%でほぼ同数だった。20~30代女性は「横向き」と答えた人が68.4%と多い傾向にある。

入眠時、横になった時に痛みを感じる場所ごとに、入眠時の体の向きを分類したところ、「肩が痛い」と答えた人の中で横向きに寝ている人は69.5%、仰向けで寝ている人は44.2%で、25.3Ptの差があった。「腰が痛い」と答えた人の割合は、9.8Ptの差、「首が痛い」と答えた人の割合は、10.6Ptの差が見られた。

 

入眠時横になった時に痛みを感じる場所と入眠時の体の向き

●仰向けで寝ている人は睡眠の満足度が高い!?

次に、睡眠の満足度別に入眠時の体の向きを分類した。「とても満足している」と答えた人の中で、横向きで寝ている人は34.8%、仰向けで寝ている人は69.6%だった。一方、「とても不満である」と答えた人の中では、横向きで寝ている人が57.1%、仰向けで寝ている人が54.8%となった。

睡眠の満足度が高くなるにつれて、仰向けで寝ている人が多くなり、満足度が低くなるにつれて横向きで寝ている人が多くなる傾向があった。

睡眠の満足度別に、入眠時の体の向きを分類した

お役立ち情報[PR]