お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

セレブのメイク担当者が語る、写真写りが良くなるためのちょっとしたコツ!

気に入っている自分の写真を見てどんな表情や角度が良かったのか研究したり、2重あごにならない方法など、写真写りが良くなる方法があるのです。米のセレブたちを担当するメイクアーティストに教えてもらいましょう。

【恋人の写真を見ると痛みも弱まる―実験結果】

2重あごが写真に写ってしまうのを防ぐには、まず首を伸ばしておでこを前に出し、少しあごを引く。おかしな格好に思いますが、2重あごは消えますよ。

いつも写真を撮られているセレブたちのメイクで気を付けていることは、ファンデーションの色がきちんと肌の色に合っているかどうかだそうです。胸の上の色とファンデーションの色を合わせるといいみたい。目を大きく見せるために、マスカラとアイライナーはやっぱりマストアイテムです。

眉を少し濃いめに描くのも、写真写りにはいいみたいです。明るい色のリップで若々しさを出す事も忘れないで。

笑いすぎたり、無表情になったりするのを防ぐために、歯の後ろに舌を押し付けて笑うと、ちょうどいい具合の笑顔ができるようなので試してみて下さい。

写真の直前に目薬で白目を白くしたり、あぶらとり紙やペーパーナプキンで顔の脂をさっととるのも効果的です。また、お化粧を直す時間がない場合は、さっと頬をつねって赤みを出すという裏技も使えるようです。

写真に写る時は、まっすぐカメラを見るよりも、少し角度を出す方がいいでしょう。レッドカーペットの女優さんのように、体は横向き、手は腰そして顔だけカメラの方を見るポーズをしてみて下さい。

最後に、写真写りがよくなるためにはなるべくよく写真を撮られること。写真写りが悪くても、沢山写真に撮られ、気に入った写真があれば、その時の笑顔や角度を研究するようにしましょう。

いつどんなときに写真を撮られても美人な人ってうらやましいですね。でもそんな美人さんに負けないくらい素敵なお気に入りの笑顔を作って思い出の写真を残しましょう!

参考:How to Be Photogenic: 25 Tricks That Make You Instantly More Gorgeous in Pictures
http://www.dailymakeover.com/trends/makeup/how-to-be-photogenic/?utm_source=zergnet.com&utm_medium=referral&utm_campaign=zergnet_116804

お役立ち情報[PR]