お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

食べようと思っていた食べ物にカビを発見、カビだけ切って食べてもいいの?「良い食べ物と悪い食べ物がある」

仕事から疲れて家に戻り、さあ食べようと思って冷蔵庫を開けたら、なんと食べ物にカビが生えていた!なんていうことを経験された人はきっといることでしょう。そんな時、あなたならカビだけ切って残りを食べますか?それともあきらめて全部捨ててしまいますか?

【たった10円で効果絶大!「女性のアレの臭い」を消し止める方法】

オーストラリアの科学産業研究機関CSIROが、「カビさえ取り除けば、食べても安全な食べ物とそうでない食べ物」の識別を発表しました。

まず、カビとは一体何かと言うと、イースト菌やマッシュルームなどと同じような菌類。この中には、マイコトキシンという毒を発するカビがあり、これが生えた食べ物を口に入れると、食中毒を起こすのです。

まず、カビを取り除いても、決して食べてはいけない食べ物から紹介します。

肉などの煮込み料理・ソフトフルーツ(皮の硬いもの、小さな果実イチゴなど)・野菜・ペースト状のものやソース類・ソフトチーズ・パンやケーキ。

これらは、たとえ表面上の一部にカビが生えていても、すべて捨てるようにCSIROは説明しています。

カビさえ取れば食べても大丈夫な食べ物

チェダーチーズ・サラミや加工肉製品・ニンジンのような硬い野菜。

これらは高密度な食べ物であり、毒が入り込んでいかないからだそうです。

食べ物の安全性に関するポイントとしては、冷蔵庫をいつも5℃以下に保ち、物を詰め込みすぎないこと。賞味期限どおりに食べきることです。また、買い物するときに、パッケージが膨らんでいるようなチルド食品は、すでにバクテリアが生息しているので要注意です。

参考: CSIRO identifies foods that are safe to eat when mould is cut off
http://www.news.com.au/lifestyle/food/csiro-identifies-foods-that-are-safe-to-eat-when-mould-is-cut-off/story-fneuz8zj-1226821756687

お役立ち情報[PR]