お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

簡単にできる若がえり方法4つ「ニンニクを食べる」

時計を逆に回して若かったあの頃に戻りたい!って思うことはありませんか?ここでは日常のちょとしたことで若返りにつながる習慣をご紹介。

【アンチエイジングに効く!10の食品「ブロッコリー」「赤ビート」】

1ニンニクを食べる
ニンニクはヘルシーで免疫力を高めるだけでなく、なんとUVからのダメージから守ってくれます。韓国の研究者がUVBによって破壊されるコラーゲン破壊たんぱくの活性化を遮断する成分があの小さなニンニク1かけの中に含まれているを発見しました。

ニンニクだけがアンチエイジングだけに利く食べ物ではありません。モナッシュ大学の研究で野菜、魚、オリーブオイル、豆類をよく食べる人は見た目が若い事も発見しました。つまり地中海料理は若くいられるためのキーだといえそうです。

2もっとアクティブな性生活を
神経心理学者のデビッドウィークス医師によるとセックスライフもずっと衰えさせないことが若さを保つ秘訣である、と言います。最大12年ほど若くいられるという事です。性交を定期的に行うと筋肉が締まり、肌がきれいになり、しわも目立たなく、肌に必要な油分も適量に保つ事が出来ます。

性交する事で人間成長ホルモンやオキシトシンなどいろんなホルモンが放出され、見た目に良い影響を与えてくれます。それにカロリーも消費しますよね。こういった積み重ねが差を生むのです。

3いい枕、ピローケースを使う
睡眠自体がアンチエイジングになります。アメリカの科学者によると、睡眠不足の人は顔のしわや小じわが目立ち、睡眠を良く取った肌に比べUVによるダメージと闘う力もない、ということです。スロベニアの研究者によるとうつぶせに寝る事でおでこに深いしわを作ってしまい、横向きに寝るとほほやあごにしわが出来がちになってしまいます。

またピローケースのしわがより睡眠中のしわを作ってしまいます。そのためにも仰向けに寝て、またピローケースもシルクなどのソフトなものを使用する事でしわ防止になります。

4ストレスをためない
ストレスは白髪を増やします。ストレスを感じる際に放出されるアドレナリンが、白髪などにさせる原因となる異常から守る細胞を減らしてしまいます。また双子を対象にした研究でうつなどのストレスがあった方はよりしわが多い事も分かっています。

そこで解決策として、1日に20分ほどの瞑想をする事をお勧めします。これはただ20分間座っているだけの人に比べ、ストレスを軽減させ、どれだけ早くエイジングを加速させるかを決めるテロメアが修復活動を活発に行っている事もハーバード大学の研究で分かっています。

ニンニクに性生活、良い枕、瞑想、できることから少しずつ始め、いい習慣を続けていく事で若返りに繋がると良いですね。

参考:Easy ways to look younger
http://health.ninemsn.com.au/family/goodhealthandmedicine/8806608/easy-ways-to-look-younger

お役立ち情報[PR]