お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

高校デビューや大学デビューを実際にした人ってどれくらいいる?「1位 大学デビュー……55.4%」

中学デビューや高校デビュー、または大学デビューなどといった、節目をきっかけにこれまでの自分とは全く違う自分になる行為。実際にした人はどれくらいいるのでしょうか? マイナビウーマン読者に聞いてみました。

【卒業式に失恋ソング!? あなたの歌った「卒業ソング」は?】

■一番多いのは大学デビュー!

Q.学生時代、高校デビューや大学デビュー、また夏休みデビューといった、節目に新しい自分になろうとした経験はありますか?

はい……130人(19.3%)
いいえ……542人(80.7%)

○○デビューを経験した人は130人と、全体の2割ほどでした。ではこの人たちはどのようなデビューだったのでしょうか。聞いてみました。

Q2.あなたがしたのは次のうちどれですか?

大学デビュー……72人(55.4%)
高校デビュー……34人(26.1%)
社会人デビュー……10人(7.7%)
春休みデビュー……4人(3.1%)
夏休みデビュー……4人(3.1%)
中学デビュー……2人(1.5%)
その他……4人(3.1%)

一番多かったのは「大学デビュー」でした。なんと半数以上です。大学に進学すると、地元から離れたり、自分のことを知らない人ばかりですから、これまでと違う自分になりやすいのかもしれませんね。

続いて、○○デビューをした当時の思い出やエピソードを聞いてみました。

●隣接学区の高校に入り、中学時代の友達は誰もいない環境になったので、今までとは違ってもっと明るく社交的な自分になろうと思った。しかし、性格はそう簡単に変わらなかった……。(30歳女性/生保・損保/営業職)

新天地で気分も装いも一新ということですね。

●高校が厳しくて髪の毛を染めたりできなかったので、大学入学を機に好きな髪形にした。(29歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)

大学や社会人になると服装や髪形がわりと自由になりますから、このタイミングで大きく変わる人も多いでしょう。

●髪を思い切って切り、パーマをあてた。だが逆に年を取った印象になってしまい失敗したなと後悔した。(22歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

こうした失敗するケースもありますね。

●ピアスを開け、髪を染め、服装を変え、田舎から上京したのでとにかく必死に派手にした。(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「都会に負けないように!」みたいなものもあったのかもしれませんね。

●当時、遊び人を装ってみたものの、すぐに見透かされて、キャラチェンに失敗した。(41歳男性/自動車関連/技術職)

根の部分はなかなか変えられませんから、バレちゃうこともありますね。

●眼鏡からコンタクトにして、髪を染めた。中学までは優等生扱いだったが、高校では周りが皆賢かったので、その中ではおバカキャラだった。そっちの方が自分には合っていた。(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)

キャラクターが変わると、仲間内でのポジションも変わるのですね。

●大学デビューだったので、地元に帰った際は同級生にびっくりされた。(28歳女性/食品・飲料/技術職)

これは「あるある」です(笑)。

アンケートの結果、一番多いのは大学デビューということが分かりました。皆さんから寄せられた当時の思い出やエピソードなどを見ると、服装や髪形の制限がなくなったり、自由になるお金が手に入りやすくなる、新天地に行ける、というのが大学デビューの多い要因のようですね。

これを読んでいる皆さんは、こうした○○デビューの経験、ありますか?

※マイナビウーマン調べ。(2014年2月にWebアンケート。有効回答数672件。19歳~76歳の社会人男女)

(貫井康徳@dcp)

お役立ち情報[PR]