お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「デジタル・ダンプ」別れ話はデジタルで!今時の若者の別れ方

付き合っていた彼が、別れ話をテキストで送ってきたなんて最悪!って思えますが、なんと、アメリカの若者の間では、この「デジタル・ダンプ」(電子を使って恋人を振る)という傾向が多いようです。

【彼から言われた、どうしても納得できない「別れの言葉」】

アメリカでクーポンを扱う節約ブランド、vouchercloud.netが、「消費者の生活で、最新テクノロジーがどれくらい割合を占めているのか」という調査を行いました。

過去12ヶ月内に別れたアメリカの男女18~30歳、2712人に統計を取ったところ、56%の人が別れるときに電子メール、ソーシャルメディアやテキストを使ったという結果が出ました。理由としては、「顔を突き合わせて別れ話をするより気まずくない」、「電子メールを選んだのは、別れたい詳細をしっかり書いて説明できるから」などが挙げられています。

しかし、「もし別れ話にこのような電子機器が使われたとしたらどう思うか?」の問いには、73%は「それは非常に腹が立つ」、60%は「非常に人間味がない」とも言っています。

自分がやられると嫌だけど、人にはしてしまうって、あまりにも勝手ですね。どんな別れの理由にしろ、つきあった相手とは直接会って話すのが、人としての最低マナーなのではないでしょうか。

ちなみに、この統計上の過去12ヶ月以内に別れたカップの別れ方は以下の通りです。
1)テキスト・メッセージ 25%
2)ソーシャル・メディア 20%
3)直接会って話した 18%
4)電話で話した 15%
5)電子メール 11%
6)手紙を書いて渡した 2%

参考:You’re breaking up with me by TEXT? Don’t worry, you’re not the only one being digitally dumped – most splits now happen via SMS
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2573879/Youre-breaking-TEXT-Dont-worry-youre-not-one-digitally-dumped-splits-happen-SMS.

お役立ち情報[PR]