お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

浮気相手と別れてもらう? もしくは、彼と別れるのは、私

コウちゃんは無言でしゃがみこみ、茶碗の破片を拾い出した。
私は掃除機を取りに寝室へ行った。
何も知らない蘭は、すやすやと気持ちよさそうに眠っている。

ごめんね、蘭。
パパと仲良くできなくて。

ケンカしてばかりの両親のもとで育てられるなんて、
蘭がかわいそう。
この子のためにも、コウちゃんとの関係を
このままにはしておけない。
浮気相手がいるなら、きちんと別れさせないと。それとも……。
今まで考えたこともなかったことが頭に浮かんだ。
――それとも私が別れるか。

コウちゃんがお風呂に入っている間、
私はコウちゃんの荷物を調べはじめた。
まずは、お財布。
1万円札が2枚と千円札が4枚、レシートが数枚入っている。
定食屋のレシートは今日の日付だ。
ランチに焼き魚定食を食べたらしい。
朝、会社近くのコンビニで、おにぎりを買ったレシートもある。
『朝ゴハンつくらなくていいよ』って言っていたのは、
私がつくる朝食より、コンビニのおにぎりのほうがいいって
意味だったんだ。
自尊心が傷つけられたような、小さな痛みが走る。
だけど、そんなことはどうでもいい。
気になるのは、昨夜の店のレシートがないことだ。

お役立ち情報[PR]